バイナリーオプションの事ならバイナリーマジック

365UPのボーナス条件とはなにか

土日も含めて常時バイナリーオプション取引を行うことができることが
人気の海外バイナリーオプション取引業者である365UPに関して、
今回はそのキャンペーンやボーナス条件についてご紹介します。
一点注意していただきたいのは、入金キャンペーンなどのボーナス条件は、
その時々によって変わりますので、最新の情報は公式ページ365UP公式ホームページ
確認して下さいね。
本記事では、執筆時点における365UPの入金ボーナス条件についてレポートします。
現在365UPが展開しているキャンペーンでは、期間中、何度入金しても高額ボーナスを
受け取ることが可能です。

365UPのボーナス条件はどうなっているのか

365UPボーナス条件

そのボーナス条件は、入金額に応じてボーナス額が増加する仕組みになっています。
1万円以上5万円未満の入金には50%ボーナス、5万円以上20万円までの入金には80%ボーナスが、
30万円以上の入金に対しては100%のボーナスが自動的に付与されます。
さて、これらボーナスを利用するメリットはどういうところにあるでしょうか。
それは、入金額以上の取引が可能となることです。
バイナリーオプション取引では、FXのようにレバレッジをかけることができないので、
そのレバレッジの代わりの役割を果たしてくれることになります。
デメリットとしては、付与されたボーナスには出金条件がついていて、
ある程度の期間継続して取引を行わないとそれがクリアできない、
ということが挙げられるでしょう。
しかし、計画的にトレードを行えば、このデメリットもほとんど無いも同然にすることができます。
現在のボーナス条件では、ボーナス分を出金するためには40倍の金額分の
トレードをこなす必要があることとなっています。
ですので、例えば5万円を入金して80%にあたる4万円をボーナスとして受け取った場合、
160万円分の取引をこなさなければなりません。

365UPボーナス条件について

これだけを見ると、難しいように感じるかも知れませんが、これを1年間という期間で計画的に
トレードをするとどうなるでしょうか。
月に20日トレードをしたとして、年に240日となります。
さらに1日の内にトレードを3回したとすると、トレード1回あたり、
2300円ほどの金額でトレードすれば達成できることになります。
この2300円という金額は、投資資金9万円の2.5%にあたり、一般にトレードで
リスクにさらしても良いとされている資金量(1~2%)に近くなります。
そして、これを計画通り実行したならば、たとえトレードの利益がプラスマイナスゼロだったとしても、
年率80%の投資を行ったことと同じ利益・リターンになります。
このようにボーナス条件をしっかり把握して、計画的にトレードを行えば、
かなり有利な状態でバイナリーオプション取引の攻略に臨めることになります。
今日ご紹介した一例は、もちろん良いボーナス条件を提示してくれている365UPだからこそ、
という部分もありますし、また、同じ365UPでボーナスを受けるとしても、
今のようなボーナス条件がいつまでも続くとは限りませんので、迷われている方は、
実行に移すことを検討されても損はないと思います。
今回は365UPのボーナス条件についてお話しました。


バイナリーオプション業者おすすめピックアップ
ハイローオーストラリア:オールマイティな王道バイナリーオプション業者
ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリアの評価
業者名ハイローオーストラリア
会社概要Realtime Capital Markets Pty. Ltd.
最低入金額5,000円以上
取引金額1,000~200,000円
口座開設無料/最短3分
倍率1.80~2倍

確実にバイナリーオプションで利益を出したいと考えている方には是非使っていただきたいのがこのハイローオーストラリアです。デモトレードが無料でペイアウト率や最低入金額など全てにおいて他のバイナリーオプション業者より優れていると言えます。バイナリーオプションで投資を始めるなら必須の業者です。

ザ・バイナリー(THEバイナリー)
ザ・バイナリー(THEバイナリー)
ザ・バイナリー(THEバイナリー)の評価
業者名ザ・バイナリー(THEバイナリー)
会社概要K2 Ventures Limited.
最低入金額10,000円~
取引金額100~50,000円
口座開設無料/最短3分
倍率165%~207%以上

ザ・バイナリー(THEバイナリー)はバイナリーオプション業界最低取引金額最低水準の100円から取引ができます。さらに多くの裏技が使えることで多くの人気を集め、新規口座開設者が続出中です。

コメントを残す

サブコンテンツ