バイナリーオプションの事ならバイナリーマジック

規制後の国内バイナリーオプション


国内バイナリーオプションが危ない

2013年7月3日に金融庁より発表され、同年8月1日より施行された、
バイナリーオプションの国内規制。
バイナリーオプション利用者の安全性を高めることが名目とされていますが、
利用者の間では恒常的な取引に影響を及ぼすと考えている方も多いはず。
では、まずはバイナリーオプション規制での主だった変更点についておさらいしていきましょう。

話し手

国内規制によって国内バイナリーオプションで利益を獲得することは難しくなってしまいました。
これによって投資家がどのバイナリーオプションを利用するのかという点に注目しておく必要があります。

従来のハイロウ取引が利用できる海外バイナリーオプション

王道のバイナリーオプション業者「ハイローオーストラリア」
短期取引が大好評「ザ・バイナリー(THEバイナリー)」
売買シグナルは取引の必勝ツール「ファイブスターズマーケッツ」
100円取引と30秒取引が定評「ジェットオプション」

取引期間

取引開始から判定までの期間を『最短5分から2時間以上』に変更。
これにより最短5分の短期取引が行えなくなり、国内業者にとって大きな痛手となりました。
1営業日の判定回数も『200回オーバーから最大12回』までに落ち、
頻繁に取引したい投資家にも影響が出ています。
変更の利点としては、連続取引で躍起になることを抑制できるようになりました。
簡単にいえばブレーキ要素ですね。

権利行使価格の固定

権利行使価格は、判定時間の2時間以上前に決定。
※権利行使価格とは、要するにバイナリーオプションの基準になるレートのこと。
バイナリーオプションはこの基準レートと判定時刻のレートを比べて、上か下かを予想します。
購入した時点でのレートを指し示すので、刻々と変化していました。それが今後は固定化されます。
これに対して、オプションの購入価格は、判定時刻まで変動する仕様に統一されます。

総取りの禁止

レンジ外に該当した際、業者側がオプション料を総取りすることを禁止。
※レンジ外とは、バイナリーオプションの取引に於いて、上がっても下がっても勝てない場合のこと。
これまでは、取引終了時点でレートがレンジ外に入ると、
どちらに予想しても負けになってしまい、バイナリーオプション業者の総取りになっていました。
今回、このレンジ外というルールが廃止され、
仮にレンジ外に入った場合は投資家に全額払い戻されます。

2WAY方式による価格提示

取引キャンセルの際、売りと買いの価格を両方とも掲示する。
現状でどれくらいの値動きがあるのか、自分が今買っているのか、
などの情報が一目で分かるように、売りと買い両方の価格がリアルタイムで表示されることになります。

試験の実施

バイナリーオプション取引を行うにあたり、基礎的な知識についての確認が必要となりました。
口座開設の際には、バイナリーオプションに関する試験を受ける必要があり、
合格しなければ口座開設ができません。試験に関しては、
主に商品の内容やリスクなどを理解しているかを確認する問題が二択で出されるようです。
しかし、意外と専門用語が多く、難易度が高いので、初心者ほど狭き門になりそうです。
問題はランダムで出題され、試験は1日1回。
2013年11月末までに口座開設した場合は試験の対象外になります。

現行ルールの期限

2013年8月1日以降、既存のバイナリーオプションに関しては、同年11月30日までの経過措置期間が設けられました。
従って、現行ルールは2013年11月30日をもって終了となります。

規制後の国内

結論からいえば、国内規制により、多くの日本人投資家が海外業者に乗り換えました。
国内規制にデメリットを感じた方が多く、規制の届かない海外に流れたのでしょう。
国内業者に関しては、規制に対応した新サービスを提供しているところが多く見受けられます。
しかし、中には規制の影響を受けて取扱休止を判断した業者もいるようです。
多くのバイナリーオプション業者がルール変更に頭を悩ます一方で、
新たにバイナリーオプションに参入した業者もありました。
国内規制に対応したサービスでどこまで新規を獲得できるかが、今後の課題になるでしょうね。

加えて、試験の実施が義務化されたため、
バイナリーオプション業者では知識確認のテストが設けられています。
利用者が必要な知識を有しているかどうかを、業者側が判断するための材料であり、
規制で定められた取引開始基準の一つです。
ただ、既にバイナリーオプションの取引経験があり、同じ業者を利用するのであれば、
知識確認テストは免除されるようです。
詳しい内容に関しては、各業者のホームページで確認してみましょう。


バイナリーオプション業者おすすめピックアップ
ハイローオーストラリア:オールマイティな王道バイナリーオプション業者
ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリアの評価
業者名ハイローオーストラリア
会社概要Realtime Capital Markets Pty. Ltd.
最低入金額5,000円以上
取引金額1,000~200,000円
口座開設無料/最短5分
倍率1.80~2倍

確実にバイナリーオプションで利益を出したいと考えている方には是非使っていただきたいのがこのハイローオーストラリアです。デモトレードが無料でペイアウト率や最低入金額など全てにおいて他のバイナリーオプション業者より優れていると言えます。バイナリーオプションで投資を始めるなら必須の業者です。

ザ・バイナリー(THEバイナリー)
ザ・バイナリー(THEバイナリー)
ザ・バイナリー(THEバイナリー)の評価
業者名ザ・バイナリー(THEバイナリー)
会社概要K2 Ventures Limited.
最低入金額10,000円~
取引金額100~50,000円
口座開設無料/最短5分
倍率165%~207%以上

ザ・バイナリー(THEバイナリー)はバイナリーオプション業界最低取引金額最低水準の100円から取引ができます。さらに多くの裏技が使えることで多くの人気を集め、新規口座開設者が続出中です。

One Response to “規制後の国内バイナリーオプション”

コメントを残す

サブコンテンツ