バイナリーオプションの事ならバイナリーマジック
ハイローオーストラリア公式

バイナリーオプション規制の内容と影響は!?

公開日: 更新日:

国内バイナリーオプションが危ない

  • 「バイナリーオプション規制の内容を知りたい」
  • 「規制後は海外と国内のどちらで口座開設すべき?」

上記のような考えをお持ちの方はこの記事を読むことで規制の内容を理解し海外バイナリーオプション業者と国内バイナリーオプション業者のどちらで口座開設すべきか判断することができます。

規制による項目を一つずつ詳細に解説していますのでバイナリーオプションのルールを知らない初心者でも理解することができます。

まずは規制の内容を理解し、その後の影響を見ていきましょう。

記事の後半ではおすすめのバイナリーオプション業者も紹介していますのでそちらも参考にしてください。

話し手

バイナリーオプション規制によって国内バイナリーオプションで利益を獲得することは難しくなってしまいました。これによって投資家はどのバイナリーオプションを利用するのかという点に注目しておく必要があります。

バイナリーオプションにおける規制とは

規制でバイナリーオプションは取引しづらくなる?

バイナリーオプションには海外バイナリーオプションと国内バイナリーオプションに分けることができます。

そして、海外バイナリーオプションと国内バイナリーオプションは元々、拠点やサービスの違いはあれど基本的なルールは同じでした。

バイナリーオプションにおける基本的なルールとは以下の通りです。

  1. 取引時間、通貨ペア、投資額を設定
  2. 取引時間後に購入レートより高くなるか安くなるか予測
  3. あるレートで購入
  4. 予測が当たればペイアウト率(平均1.80倍)に沿って払い戻し

この基本的なルールが日本国内では投機性が高いと判断され2018年3月から規制がかかるようになったのです。

これがバイナリーオプションにおける規制となります。

ただし、お察しの通り投機性が高いと判断したのは日本だけなので海外バイナリーオプションはこの規制の影響を受けることはありません。

バイナリーオプションにおける規制の内容

国内バイナリーオプションは規制でハードルが高くなった

では、規制の内容はどのようになっているのでしょうか。項目ごとに詳しく解説していきます。

取引期間

取引開始から判定までの期間を『最短5分から2時間以上』に変更。

これにより最短5分の短期取引が行えなくなり、国内バイナリーオプション業者にとって大きな痛手となりました。

1営業日の判定回数も『200回オーバーから最大12回』までに落ち、頻繁に取引したい投資家にも影響が出ています。

変更の利点としては、連続取引で躍起になることを抑制できるようになりました。

簡単にいえばブレーキ要素ですね。

しかし、単純に利益獲得のチャンスが激減したことになります。

権利行使価格の固定

権利行使価格は、判定時間の2時間以上前に決定。

※権利行使価格とは、要するにバイナリーオプションの基準になるレートのこと。

バイナリーオプションはこの基準レートと判定時刻のレートを比べて、上か下かを予想します。

購入した時点でのレートを指し示すので、刻々と変化していました。それが今後は固定化されます。

これに対して、オプションの購入価格は、判定時刻まで変動する仕様に統一されます。

総取りの禁止

レンジ外に該当した際、業者側がオプション料を総取りすることを禁止。

※レンジ外とは、バイナリーオプションの取引に於いて、上がっても下がっても勝てない場合のこと。

これまでは、取引終了時点でレートがレンジ外に入ると、どちらに予想しても負けになってしまい、バイナリーオプション業者の総取りになっていました。

今回、このレンジ外というルールが廃止され、仮にレンジ外に入った場合は投資家に全額払い戻されます。

2WAY方式による価格提示

取引キャンセルの際、売りと買いの価格を両方とも掲示する。

現状でどれくらいの値動きがあるのか、自分が今、買っているのか、などの情報が一目で分かるように、売りと買い両方の価格がリアルタイムで表示されることになります。

試験の実施

バイナリーオプション取引を行うにあたり、基礎的な知識についての確認が必要となりました。

口座開設の際には、バイナリーオプションに関する試験を受ける必要があり、合格しなければ口座開設ができません。試験に関しては、主に商品の内容やリスクなどを理解しているかを確認する問題が二択で出されるようです。

しかし、意外と専門用語が多く、難易度が高いので、初心者ほど狭き門になりそうです。

問題はランダムで出題され、試験は1日1回。

2013年11月末までに口座開設した場合は試験の対象外になります。

現行ルールの期限

2013年8月1日以降、既存のバイナリーオプションに関しては、同年11月30日までの経過措置期間が設けられました。

従って、現行ルールは2013年11月30日をもって終了となります。

バイナリーオプション規制による影響

規制後は利用者の多くが海外バイナリーオプションへ

バイナリーオプション規制による影響は大きく国内バイナリーオプション利用者の多くが海外バイナリーオプションへの乗り換えを行いました。

これは単純に国内バイナリーオプションがFX化したといっても過言ではないため当然の流れです。

しかし、バイナリーオプション規制の影響によって国内バイナリーオプションは安全面が強化されたと言えます。

そのため稼ぎやすさより安全面を重視する利用者からすればそれでも国内バイナリーオプションを利用するでしょう。

ただし、前述したとおりバイナリーオプション規制の影響で初心者が口座開設を行うためには知識確認テストへの対策などの事前準備が必要になりましたので初心者には非常にハードルが高いの現状です。。

海外バイナリーオプションは安全面を心配する声も多く、バイナリーオプション規制後も未だに詐欺の報告を受けることがあるのも事実です。

当サイトで紹介している海外バイナリーオプション業者は全て安全面に配慮しているため詐欺の心配はいりませんが最後に決めるのは利用者自身なので「安全面」をとるか「稼ぎやすさ」をとるかよく考えましょう。

従来のハイロー取引が利用できる海外バイナリーオプション

海外バイナリーオプションならいつもどおりの取引が可能

前述したとおりバイナリーオプション規制の影響を受けること無く従来どおりのルールで取引するためには海外バイナリーオプション業者を利用する以外に選択肢はありません。

しかし、これは消去法によって仕方なく利用するというわけではありません。

規制前の時点で海外バイナリーオプション業者と国内バイナリーオプション業者を比較してもサービス内容はすでに海外バイナリーオプション業者が秀でていました。

そんな海外バイナリーオプション業者の中でも特に大人気な海外バイナリーオプション業者を厳選し比較した結果を以下のリンクよりご覧いただけます。

海外バイナリーオプション業者で口座開設を検討されている場合は参考にしてください。

まとめ

バイナリーオプション規制の内容と、その影響を解説してきました。

バイナリーオプション規制の影響を考慮すれば海外バイナリーオプション業者を利用した方が初心者でも比較的すぐに取引に参加できることがわかりました。

国内バイナリーオプションでも知識確認テストをクリアできれば口座開設はできますが海外バイナリーオプション業者と比べるとかせぐには効率が悪くなります。

安全面を第一に考えるなら国内バイナリーオプション、稼ぎやすさを第一に考えるなら海外バイナリーオプションということになります。

バイナリーオプションのような投資をする最大の目的は資産を増やすことなので管理人としては海外バイナリーオプションの利用をおすすめします。


バイナリーオプション業者おすすめピックアップ
ハイローオーストラリア:オールマイティな王道バイナリーオプション業者
ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリアの評価
業者名ハイローオーストラリア
会社概要Realtime Capital Markets Pty. Ltd.
最低入金額5,000円以上
取引金額1,000~200,000円
口座開設無料/最短3分
倍率1.80~2倍

確実にバイナリーオプションで利益を出したいと考えている方には是非使っていただきたいのがこのハイローオーストラリアです。デモトレードが無料でペイアウト率や最低入金額など全てにおいて他のバイナリーオプション業者より優れていると言えます。バイナリーオプションで投資を始めるなら必須の業者です。

ザ・バイナリー(THEバイナリー)
ザ・バイナリー(THEバイナリー)
ザ・バイナリー(THEバイナリー)の評価
業者名ザ・バイナリー(THEバイナリー)
会社概要K2 Ventures Limited.
最低入金額10,000円~
取引金額100~50,000円
口座開設無料/最短3分
倍率165%~207%以上

ザ・バイナリー(THEバイナリー)はバイナリーオプション業界最低取引金額最低水準の100円から取引ができます。さらに多くの裏技が使えることで多くの人気を集め、新規口座開設者が続出中です。

コメントを残す

サブコンテンツ