バイナリーオプションの事ならバイナリーマジック
ハイローオーストラリア公式

バイナリーオプション攻略業者選びについて

公開日:
さて今回は、実際にバイナリーオプションを攻略するのに最も重要であるといっても過言ではない、業者選びにについてご紹介していきましょう。
早速ですが、バイナリーオプションを攻略するために自分に最適な業者を選ぶポイントが6つあります。

業者選びの6つのポイント

バイナリーオプション
1番目の攻略は、自分に向いている取引方法があるかです。
これまでバイナリーオプションの記事を読んでこられた方は、それぞれの取引方法について概要を把握されていると思います。
さらにデモトレードまで行った方は、自分にはワンタッチが向いている等、得意分野や好みができていると思います。
その場合は、ワンタッチを取り扱う業者を探して選びましょう。
また、使いたい取引方法が複数ある場合は、それら全てを網羅する業者を選ぶ必要があるでしょう。

2番目の攻略は、取扱銘柄についてです。
自分が取引したい銘柄、例えば特定の株式であったり、株価指数や金・銀などのコモディティ等が決まっていれば、それを取り扱う業者を探します。
また、銘柄については、今後バイナリーオプションの攻略法を確立していく段階で、その選択の幅を増やすためにも、なるべく多くの銘柄を多く扱う業者を選んだ方が良いでしょう。

3番目の攻略は、サポートの充実度です。
海外業者であれば、日本語に対応しているか、サポートの方法には何があるか等を押さえましょう。
メール・チャットの両方に対応していると安心です。
口頭で連絡を取りたい、という方は日本語で電話ができる業者を選んで下さい。
そして、サポートがどれくらい充実しているか、については口座を開く際などに、実際にメール等でコンタクトを取ってみることをおすすめします。
問い合わせメールに反応する時間や、内容の誠実さ等を判断することができます。

4番目の攻略はペイアウト倍率及び各種手数料についてです。
ペイアウト倍率は利益の多寡に直結しますし、トレード毎や出金・入金について手数料がかかる場合もあります。
特に、出金や入金などに細かい手数料がかかる場合はあまり好ましくないと言えるでしょう。
地味に口座の金額が減ってしまうことになるからです。

5番目の攻略はプラットフォームの使いやすさです。
実際に自分のパソコン上での動作を確認しましょう。
デモトレードを行い、操作性や反応速度などをチェックしましょう。
また、最近ではパソコンのみでなくスマートフォンでのサービスを提供する業者もたくさんありますので、スマートフォンでの取引を行いたい方は対応しているか、さらにはアプリの使いやすさなどを確認して下さい。

最後に、業者が提供する情報サービスの充実度です。
経済に関するニュースの提供や、使用できるチャートやテクニカル指標、さらには利用者の傾向(取引しようとしている銘柄に対し、他の人がハイ・ローどちらに何パーセントいるか等)等の提供条件・内容についても、それぞれ業者毎の特徴があります。
これもデモトレードを行って詳細を確認しておきましょう。

以上、業者選びのポイント6点を紹介させていただきました。
バイナリーオプションは業者選びで大きく変わってきます。
皆さんが、バイナリーオプション攻略のために、自分にとってのベストな業者選びができることを願っております。


バイナリーオプション業者おすすめピックアップ
ハイローオーストラリア:オールマイティな王道バイナリーオプション業者
ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリアの評価
業者名ハイローオーストラリア
会社概要Realtime Capital Markets Pty. Ltd.
最低入金額5,000円以上
取引金額1,000~200,000円
口座開設無料/最短3分
倍率1.80~2倍

確実にバイナリーオプションで利益を出したいと考えている方には是非使っていただきたいのがこのハイローオーストラリアです。デモトレードが無料でペイアウト率や最低入金額など全てにおいて他のバイナリーオプション業者より優れていると言えます。バイナリーオプションで投資を始めるなら必須の業者です。

ザ・バイナリー(THEバイナリー)
ザ・バイナリー(THEバイナリー)
ザ・バイナリー(THEバイナリー)の評価
業者名ザ・バイナリー(THEバイナリー)
会社概要K2 Ventures Limited.
最低入金額10,000円~
取引金額100~50,000円
口座開設無料/最短3分
倍率165%~207%以上

ザ・バイナリー(THEバイナリー)はバイナリーオプション業界最低取引金額最低水準の100円から取引ができます。さらに多くの裏技が使えることで多くの人気を集め、新規口座開設者が続出中です。

コメントを残す

サブコンテンツ