バイナリーオプションの事ならバイナリーマジック

バイナリーオプションの規制について

バイナリーオプションは未経験でも気軽に始められる点から、
以前よりギャンブル性が問題視されていました。
シンプルでローリスクな取引が人気の火付け役でしたが、
それに伴う参入のしやすさや依存性などが懸念されたのでしょう。
国内業者に向けたバイナリーオプションの運営に関する規制が施行されました。

バイナリーオプション

国内規制後に人気があがった海外業者

バイナリーオプションのギャンブル性の高さを金融庁が問題視したようで、
今回の規制は利用者の安全性を高めるものとされています。
既存業者に関しては同年12月1日からの適用となっています。
では、規制された内容を大まかに紹介していきましょう。

取引開始から判定時刻までの期間は、これまでの最短5分から2時間以上に変更されました。
恐らくこれが最も目立つ変更点でしょう。
最短5分という短期決戦型の取引は、国内ではできなくなってしまいました。
それによって1営業日の判定回数が減ることになるので、
1日に200回以上の取引ができた業者も、最大12回まで下がってしまいます。

これは頻繁に取引したい方にとっても大きな痛手です。
取引時間の終了直前まで途中購入が可能なところも多いので、
短期間でのトレードも理論的には可能でしょうが、
オプション価格が変化していくと考えられます。
そうなると、ある程度は長い期間の予想をしなければなりません。
しかし、この規制により、熱くなったまま連続で取引に挑み続けることを防ぐ効果は期待できるでしょう。

権利行使価格の固定

権利行使価格は、判定時間の2時間以上前に決定することになりました。
権利行使価格とは、要するにバイナリーオプションの基準になるレートのこと。
バイナリーオプションはこの基準レートと判定時刻のレートを比べて、上か下かを予想します。
そして、これは購入した時点でのレートを指し示すので、
刻々と変化していました。それが今後は固定化されるのです。
これに対して、オプションの購入価格は、判定時刻まで変動する仕様に統一されます。

総取りの禁止

これは「レンジ外」に該当した際、FX会社がオプション料を総取りする事を禁止するというもの。
レンジ外とは、上がるか下がるかを予想するバイナリーオプションにおいて、
上がっても下がっても勝てない場合のこと。取引終了時点でレートがレンジ外に入ると、
どちらに予想しても負けになってしまい、バイナリーオプション業者の総取りとなります。

今回、このレンジ外というルールが廃止されます。
取引開始価格と取引終了価格が同値の場合を「レンジ外」と呼びはしますが、
その際は業者の総取りにはならず、投資家に全額払い戻されます。
普通に考えれば、単純計算で勝率50%である以上、上がるか下がるかのどちらかを選べば
正解となるはずですから、どちらを選んでも負けとなり、
業者側が総取りする範囲が存在するというのは、トレーダーからみれば腑に落ちません。
そういった意味では、規制による総取りの禁止は、
トレーダーにとって喜ばしいことなのかもしれません。

2WAY方式による価格提示

取引をキャンセルする際、ポジションを解消するための
価格を提示しておく必要があるため、売りと買いの価格を両方とも掲示しておくことです。
現状でどれくらいの値動きがあるのか、自分が今買っているのか、
などの情報が一目で分かるように、
売りと買い両方の価格がリアルタイムで表示されることになります。

リアルタイムで確認できるのはいいことなのですが、
スリッページが発生する可能性があるとも言われています。
スリッページとは、注文した際のレートのずれを指します。
注文を入れた時点の価格が、次の瞬間にかわってしまうと、
買値も同様に変動します。このずれをスリッページというわけです。
リアルタイムで売りと買いの価格が表示されるので、
多少のスリッページは覚悟する必要があるのかもしれませんが、
実際どの程度ずれるのかっというのが不安なところです。

知識の確認

バイナリーオプション取引を行うにあたり、基礎的な知識についての確認が必要となりました。
つまり、口座開設の際にバイナリーオプションに関する試験を受けて、
合格しなければ口座が開設できません。
試験に関しては、主に商品の内容やリスクなどを理解しているかを
確認する問題が二択で出されるようです。

しかし、意外と専門用語が多く、難易度が高い。
経験者でも問題を解くのは難しいようです。
問題はランダムで出題され、試験は1日1回。
2013年11月末までに口座開設した場合は試験の対象外になります。


バイナリーオプション業者おすすめピックアップ
ハイローオーストラリア:オールマイティな王道バイナリーオプション業者
ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリアの評価
業者名ハイローオーストラリア
会社概要Realtime Capital Markets Pty. Ltd.
最低入金額5,000円以上
取引金額1,000~200,000円
口座開設無料/最短5分
倍率1.80~2倍

確実にバイナリーオプションで利益を出したいと考えている方には是非使っていただきたいのがこのハイローオーストラリアです。デモトレードが無料でペイアウト率や最低入金額など全てにおいて他のバイナリーオプション業者より優れていると言えます。バイナリーオプションで投資を始めるなら必須の業者です。

ザ・バイナリー(THEバイナリー)
ザ・バイナリー(THEバイナリー)
ザ・バイナリー(THEバイナリー)の評価
業者名ザ・バイナリー(THEバイナリー)
会社概要K2 Ventures Limited.
最低入金額10,000円~
取引金額100~50,000円
口座開設無料/最短5分
倍率165%~207%以上

ザ・バイナリー(THEバイナリー)はバイナリーオプション業界最低取引金額最低水準の100円から取引ができます。さらに多くの裏技が使えることで多くの人気を集め、新規口座開設者が続出中です。

コメントを残す

サブコンテンツ