バイナリーオプションの事ならバイナリーマジック

バイナリーチャートの取引方法の説明

バイナリーチャートは、海外バイナリーオプション取引業者の中でも、
比較的新しくバイナリーオプション取引の提供を開始したのですが、
最近人気が急上昇している超短期取引の30セカンドを取り扱っていたりと、
その取引方法のラインナップが話題を呼んでいます。

バイナリーチャートの取引方法

ですので、今回はバイナリーチャートの取引方法について詳しくご紹介したいと思います。
このバイナリーチャートが提供しているバイナリーオプション取引方法は全部で7種類もあり、
ハイロー、アバブビロー、ワンタッチ(ノータッチ)、 ワイドタッチ、レンジ(イン・アウト)、
ワイドレンジ、短期取引(30セカンド、60セカンド、2分、5分)、以上の7種類となります。
皆さんもハイローやワンタッチは見慣れていると思いますが、
アバブビロー、ワイドタッチ、30セカンドなどについては、
初めて聞いたという方もおられるでしょうから、それぞれの取引方法について
詳しく説明していきたいと思います。

バイナリーチャートのハイロー取引

まずは皆さんが良くご存知であろうハイローですね。
現在のレートに対し、判定時のレートが「上か下か」を予測する取引方法です。
次にアバブビローです。これは、バイナリーチャートを含め、
まだ数社でしか提供していない取引方法なのですが、現在のレートに対して
判定時のレートが一定値幅以上離れたレートまで「上昇するか下落するか」
を予測する取引方法になります。3つめのワンタッチ取引についても、
今やメジャーな取引方法となっていますが、
判定時までに、設定されたレートに「達するか達しないか」を予測する取引方法ですね。
「達する」の場合はワンタッチ、「達しない」の場合はワンタッチを使い取引を行います。

バイナリーチャートのワンタッチ取引

ワンタッチの場合は、目標レートにレートがタッチした時点で取引終了(ペイアウト)となり、
ノータッチは、目標レートにレートがタッチした時点で取引終了(損失)となります。
4種類目のワイドタッチ、これもまだほとんどの業者が採用していない新しい取引方法なのですが、
取引時間終了時までに、設定されたレートに「達するか、達しないか」を予測する取引方法です。
通常の「タッチ・ノータッチ」取引と比べても、より現在のレートから離れた値幅
(タッチする可能性が低い=ペイアウト率が高い)が目標レートとなります。
このワイドタッチの場合、目標レートにレートがタッチした時点で
取引終了(ペイアウト)となるのはワンタッチと同じですが、
ワイドタッチの場合は「ノータッチ」の取引はありません。

バイナリーチャートのレンジ取引

5種類目のレンジ取引は、取引時間終了時のレートが、上下に設定された値幅の範囲に対して
「範囲内か、範囲外か」を予測する取引方法です。
「範囲内」の場合は、レンジインを、「範囲外」の場合はレンジアウトを取引します。

バイナリーチャートのワイドレンジ取引

6種類目はワイドレンジです。これは、取引時間終了時のレートが、
上下に設定された値幅の範囲に対して「範囲外かどうか」を予測する取引方法で、
通常の「レンジ」より広い範囲(アウトの可能性が低い=ペイアウト率が高い)に
目標レートが設定されています。

なお、このワイドレンジはレンジアウトのみとなっており、「イン」の取引はありません。
最後に、短期取引で、この取引方法では、30秒、60秒、2分、5分いずれかの
超短期でのハイロー取引を行うことができます。
特に、30秒の短期取引は、いわゆる「30セカンド」に該当します。30セカンドは、
結果が分かるまでのスピード感や、レートの動きの予測のしやすさ等の理由で、
取引量が増えていますので、今後は超短期取引を採用する業者が増加する事が見込まれています。
以上がバイナリーチャートの取引方法のラインナップですが、
特徴的なのはアバブビロー、ワイドタッチ、ワイドレンジ、そして何よりも30セカンドです。
勘の良い方はお気づきでしょうが、アバブビローは、
ハイローオーストラリアのスプレッドハイローと考え方は同じになります。

離れている目標レートまでの間が「スプレッド」となり、
そこに入っていれば損失になるという考え方ですね。
バイナリーチャートでは、そのスプレッドハイローと同様の考え方を、
ワンタッチやレンジにも採用し、ワイドタッチ・ワイドレンジとして提供しています。

当然、このワイドタッチ・ワイドレンジともに通常のワンタッチ・レンジよりも
高いペイアウト率が設定されているので、
ハイローオーストラリアで人気を博しているスプレッドハイローと同じような考え方で、
ワンタッチやレンジ取引を使った、高ペイアウトのトレードを組み立てることができます。
また、バイナリーチャートはこの7種類の取引方法に加え、取り扱い銘柄数が82銘柄もあるため、
どの取引方法を使っていても、ほぼ常時トレードチャンスを見いだすことが可能になる事でしょう。
バイナリーチャートでの取引方法についてご紹介してきましたが、超短期取引である30セカンドや、
高ペイアウトのアバブビロー、ワイドタッチ、ワイドレンジ、これらすべてを満たしている業者は
まだバイナリーチャートだけですので、この取引方法の組み合わせが、
ご自身のトレードスタイルに合っていると感じられた方は是非口座を開設し、
その威力を試していただきたいと思います


バイナリーオプション業者おすすめピックアップ
ハイローオーストラリア:オールマイティな王道バイナリーオプション業者
ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリアの評価
業者名ハイローオーストラリア
会社概要Realtime Capital Markets Pty. Ltd.
最低入金額5,000円以上
取引金額1,000~200,000円
口座開設無料/最短3分
倍率1.80~2倍

確実にバイナリーオプションで利益を出したいと考えている方には是非使っていただきたいのがこのハイローオーストラリアです。デモトレードが無料でペイアウト率や最低入金額など全てにおいて他のバイナリーオプション業者より優れていると言えます。バイナリーオプションで投資を始めるなら必須の業者です。

ザ・バイナリー(THEバイナリー)
ザ・バイナリー(THEバイナリー)
ザ・バイナリー(THEバイナリー)の評価
業者名ザ・バイナリー(THEバイナリー)
会社概要K2 Ventures Limited.
最低入金額10,000円~
取引金額100~50,000円
口座開設無料/最短3分
倍率165%~207%以上

ザ・バイナリー(THEバイナリー)はバイナリーオプション業界最低取引金額最低水準の100円から取引ができます。さらに多くの裏技が使えることで多くの人気を集め、新規口座開設者が続出中です。

コメントを残す

サブコンテンツ