バイナリーオプションの事ならバイナリーマジック
ハイローオーストラリア公式

バイナリーオプション詐欺の危険すぎる実態とは

公開日:

バイナリーオプション詐欺その実態とは・・・

投資初心者でも手軽に始められるだけでなく、少額から大きなリターンを望めることからもFX同様人気の投資となっているバイナリーオプションですが、昨今バイナリーオプションを利用した悪質な詐欺が存在することをご存知でしょうか?

そこで知られざるバイナリーオプション詐欺についてその実態と悪質な手口をご紹介します。

バイナリーオプション詐欺の実態

これがバイナリーオプションに潜む詐欺

平成26年度のバイナリーオプション詐欺に関する相談は1000件を超えたというデータもあり、現在でも詐欺に関する相談は増え続けています。

投資初心者や情報弱者をターゲットに「誰でも簡単に儲けられる」「4万円が3日で200万に」「ニートでも月収100万円」などの広告に騙されて、多額の財産を失ってしまったというケースは少なくありません。実際どのような手口でだますのでしょうか?

悪質なレクチャー

よくある手口の代表が、勝てる手法を教えるセミナー等です。

もちろん全部が全部詐欺ではありません。ただこういった勝てる手法を教えるセミナー等は、非常に詐欺が多いのが実情です。

しかもセミナーを受けるには20万や30万などの高額を支払って受けなければならず、さらには教材の購入等、ひどい場合には数百万円もの金額が必要になるケースもあります。

しかし、このような高額なセミナーや教材を購入したからと言って勝てるようにはなりません。実際に勝てる手法というのは自分で見つけていかなければいけないものであり、お金を払ったからと言って身に付くものではないことを理解しておきましょう。

このほかにも、YouTubeを利用した詐欺動画というものも横行しています。

YouTubeの場合は実際に顔を出してレクチャーをしていくため文章で読むより根拠もわからずに信頼してしまいます。

ですが、結論から言うとYouTubeのレクチャーでは稼ぐことは不可能です。

顔出しすることで信頼させているだけであり参考にする価値はないといっても過言ではありません。

仮に動画を見かけても損しないためにスルーしておきましょう。

高額ツールの販売

2つ目のよくある手口が高額ツールの販売詐欺です。

始めに言っておきますが、ツールだけで勝てるようにはなりません。こちらも全てが詐欺とは言いません。バイナリーオプションは二者択一なのでたまたま勝つこともあります。しかし、詐欺まがいのツールでは継続して勝ち続ける事ができないことはよく理解しておきましょう。

では、どのようなツールが販売されているのかというと、「シグナルツール」や「自動売買」というようなものです。

これも動画や広告で目にすることがあり、動画や広告内では実際に勝てているように見せています。

しかし、これらも一部を切り取っているだけに過ぎず、これらのツールを信じて何十万円ものお金を注ぎ込んでも損するだけなのです。当然ですが、楽をしてお金を稼ぐことは出来ないことを理解しておきましょう。

それからバイナリーオプションではどの業者も自動売買に関しては厳しく取り締まっていますので、自動売買ソフトを利用して取引していることが業者にバレてしまうと口座凍結などのペナルティを科せられる場合がありますので、その点も注意してください。

ペーパーカンパニー

3つ目が、ペーパーカンパニーです。

現在は取り締まりの強化やバイナリーオプション詐欺の認知により、減少傾向にあるものの、いまだにこのような会社は存在します。これは一番悪質であり、トラブル解決も難しいです。

手口としては口座開設と入金を済ませ、実際に取引して利益が出た状態で出金手続きをしても出金できないという流れになっています。これは実際にバイナリーオプションの会社は存在せず、中身は何の実態もないペーパーカンパニーということです。

このようなケースに遭遇すると連絡を取ることが難しく泣き寝入りしなければいけないという場合も多く、これまで数多くの方が詐欺に遭い、大切な財産を失っています。

こういったペーパーカンパニーに騙されない方法としては、聞きなれない会社や異常にペイアウト率の高い会社には絶対に登録しないようにすることです。

また、広告に書いてあることを鵜呑みにせず、一度問い合わせをしてみることも有効です。問い合わせをした際に、何か少しでも怪しい点や納得できない点が見つかったりそもそも形だけで問い合わせができないといった不審な点が見つかった時点でその業者での口座開設は止めましょう。

バイナリーオプション自体に問題はない

バイナリーオプションはクリーンな投資

こういったバイナリーオプションに関する詐欺が多い為、世間的にバイナリーオプション自体が詐欺だと誤った認識をされているのも現状です。

しかし、詐欺をする業者やそのような行為に及ぶ人たちが悪いのであって、決してバイナリーオプション自体が悪いものではないということを理解してください。バイナリーオプション自体は詐欺でも何でもなく、れっきとした投資です。しっかりとした投資知識とメンタル、経験があれば誰でも勝てるようになるものですので、すぐに利益を出そうとするのではなく、長い目で知識と経験を磨いていきましょう。

バイナリーオプションを利用した詐欺は、初心者のすぐに儲けたいという心理を突いたものです。そして、バイナリーオプションは勝率50%ありますのですぐに儲かることもあります。

しかし、前述したとおりそのような勝ち方は継続しませんのですぐに儲けたいという気持ちはできるだけ抑えられるように努めましょう。

口コミや評判を調べて詐欺を見抜こう

口コミ、評判から調査するのが一番、早い

バイナリーオプション詐欺に遭わないためにも、利用する業者を選ぶ際は、口コミや評判を調べてください。

口コミや評判というのは実際の利用者によるリアルな声です。そのため良い意見も悪い意見も聞くことができます。

なかには根拠のない口コミや評判もありますので情報の取捨選択は必要ですが

詐欺の心配がないバイナリーオプション業者

この業者なら詐欺の心配はありません

実はバイナリーオプション業者は国内・海外含めてかなりたくさんの業者があります。正直初心者の方にはどれが詐欺業者かを見分けることは難しいかもしれません。

そこで実際に詐欺の心配が全くないバイナリーオプション業者を紹介します。こちらの業者は利用者も多く非常に信頼できる業者です。

抜群の安定感ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリアの評価
業者名ハイローオーストラリア
会社概要Realtime Capital Markets Pty. Ltd.
最低入金額5,000円以上
取引金額1,000~200,000円
口座開設無料/最短3分
倍率1.80~2.00倍

バイナリーオプション初心者から中上級者まで幅広い層に支持されているハイロ―オーストラリアには、詐欺被害の口コミ等はありませんし、出金手続きもお昼の12時までに出金手続きを行えば、翌日には指定口座に振り込まれるという出金スピードと信頼があります。

また、不当な手数料も一切ありませんし、チャートの配信は第3者に委託していますのでチャートの不正操作というようなことも一切なく安心して取引出来る業者です。さらにハイロ―オーストラリアの人気には取引通貨の多さ・取引時間に応じたペイアウト率の設定・途中で利益・損切りが出来る転売機能などがあります。もし、バイナリーオプション業者に迷っているのであればハイロ―オーストラリアをおすすめします。

バイナリーオプション詐欺の危険すぎる実態まとめ

バイナリーオプション詐欺の危険すぎる実態まとめ

以上バイナリーオプション詐欺の実態を紹介しました。

  • 悪質なレクチャー
  • 高額ツールの販売
  • ペーパーカンパニー

上記のいずれか心当たりのある場合はすぐに利用を停止しましょう。

すぐに儲けられるとかこれを使えば稼げるなど甘い言葉に誘われないよう、口コミや評判をしっかりと自分で調査して騙されないようにすることが大切です。



バイナリーオプション業者おすすめピックアップ
ハイローオーストラリア:オールマイティな王道バイナリーオプション業者
ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリアの評価
業者名ハイローオーストラリア
会社概要Realtime Capital Markets Pty. Ltd.
最低入金額5,000円以上
取引金額1,000~200,000円
口座開設無料/最短3分
倍率1.80~2倍

確実にバイナリーオプションで利益を出したいと考えている方には是非使っていただきたいのがこのハイローオーストラリアです。デモトレードが無料でペイアウト率や最低入金額など全てにおいて他のバイナリーオプション業者より優れていると言えます。バイナリーオプションで投資を始めるなら必須の業者です。

ザ・バイナリー(THEバイナリー)
ザ・バイナリー(THEバイナリー)
ザ・バイナリー(THEバイナリー)の評価
業者名ザ・バイナリー(THEバイナリー)
会社概要K2 Ventures Limited.
最低入金額10,000円~
取引金額100~50,000円
口座開設無料/最短3分
倍率165%~207%以上

ザ・バイナリー(THEバイナリー)はバイナリーオプション業界最低取引金額最低水準の100円から取引ができます。さらに多くの裏技が使えることで多くの人気を集め、新規口座開設者が続出中です。

コメントを残す

サブコンテンツ