バイナリーオプションの事ならバイナリーマジック
ハイローオーストラリア公式

バイナリーオプションを専業でやるための条件

公開日:

バイナリーオプションは、成功すれば短期間で高収入を稼ぐことができる取引です。場合によっては、普通に働く以上の利益も期待できるでしょう。

専業と呼ばれる人達は、他の収入に頼らず、バイナリーオプションで得られる利益だけを頼りに生活しています。果たして専業と呼ばれる人達のように、継続的にバイナリーオプションで稼げるレベルに到達するためには何をすれば良いのでしょうか?

今回はバイナリーオプションを専業でやるための条件について解説します。

集中できる環境作り

バイナリーオプションの専業を目指すのであれば、まずは集中して取引をするための環境が必須です。

常に問題なく取引をするための安定したネット環境から、取引をするための場所、そして本格的にバイナリーオプションをするための時間、この3点が必須になります。

ネット環境

バイナリーオプションの取引はインターネット上で行いますので、環境を作るのであればまずはネット環境を整える必要があります。

ネット環境といっても、ただネットに接続できれば良いというものではありません。いざという時にネットに繋がらないような不安定な回線では困ります。

光回線のような、常に安定した接続状況を維持できる回線が望ましいでしょう。それは端末についても同じ事が言えます。

バイナリーオプションはスマホでもやろうと思えば取引できますが、専業でやるなら高性能なパソコンの方が良いでしょう。

スマホとパソコンではスペックが全然違います。スマホだけではパソコンのような分析の精度を保つのは難しいかもしれません。

その点、高機能な取引ツールを使用できるパソコンであれば、本格的なテクニカル分析もできるので安心です。

ただし、パソコンといっても、いつ壊れるかわからないような古いパソコンや、不具合の多いパソコンは避けておきましょう。問題なく取引ができるだけのスペックがあるパソコンを持っていないようであれば、新しく購入することも視野に入れるべきです。

時間と場所

安定した回線を用意し、高機能なパソコンを設置するなど、取引に必要なネット環境を整えたら、あとは取引をする場所と、時間を確保するだけです。

集中できるのであればどこでも良いのですが、ただバイナリーオプションの勝ちやすい時間帯というと、ニューヨーク市場がオープンして以降からとなります。

それまでは相場の動きが悪いので、勝ちにくいです。勝率を考えるなら、21時以降より取引に集中できる場所が良いでしょう。

自宅で取引ができるのであれば、それに越した事はありません。

ただプライベートと取引の空間を分けたいなら、部屋数が多い賃貸物件などに引っ越して、バイナリーオプション専用の部屋を作っても良いでしょう。

バイナリーオプションで取引するおすすめの時間帯はこちら

ある程度の資金

バイナリーオプションの専業になるためには、定期的にまとまった利益を稼がないとなりません。

バイナリーオプションのペイアウト倍率というと、高いと2.00倍ほど。つまり投資額の約2.00倍のリターンとなります。そのため利益としては投資額分ということになりそれ以上の利益は期待できないことになります。

そのため、高額の利益を得るためには、大量のチケットを購入するか一度の取引で多額の投資ができるだけの資金力が必要になります。

専業として活動するなら、最低でも取引用の資金として50万円は必要です。

そして、もしも負けて利益が出なかった時、収入がなくても生活できるだけの資金として100万円以上はあった方が良いでしょう。

勝率を上げられるだけの攻略法

専業になるということは、継続的に勝たないといけません。負けるようでは専業は無理です。

専業の投資家というと、才能で生きているように思われがちですが、実態はむしろ逆です。

専業で生きている人ほど、勝つための攻略法を知っています。利益を出すためのトレードルールを確立しており、それに従って行動をするものです。

勝つための取引ルールが確立しているので、専業の人は常に感情に左右されることなく、ムラなくコンスタントに稼ぐことができます。

たとえ負けることがあったとしても、取引ルールに従って行動をするので、負けを取り返そうとしたり、感情的になって大きな勝負を仕掛けることはありません。あくまで淡々と機械的に利益を積み重ねるのが、プロの仕事です。

継続的に利益を上げている専業ほど、マニュアル作業のように取引をするものです。

言い方を変えると、自分は才能があると思い込んでいる人や、場当たり的にトレードをしている人は、専業の見込みはありません。

専業になるつもりがあるなら、どうすれば勝てるのか、どのような方針で取引をすれば利益が出るのか、しっかりと方針を決め、トレードルールを策定する必要があります。

自分だけの勝てる攻略法を持っている人だけが、専業になり、継続的に収入を得ることができるのです。

取引以外の知識

会社員であれば、会社側が税金についての手続きを全てやってくれるので、自分で税金について勉強する必要はありませんでした。

しかし専業として活動する以上、今後は確定申告などの手続きをすべて自分の責任でやらないとなりません。

バイナリーオプションで利益を稼げたら、次は確定申告など取引以外の分野について学んでおきましょう。

専業のトレーダーが確定申告で覚えておきたい知識というと、まず節税の知識です。

バイナリーオプションの税金は、国内の業者であれば申告分離課税なので20.315%。約2割です。

対して海外の業者ですと総合課税扱いとなりますので、所得の金額に応じて税率が高くなります。

利益が195万円以下であれば税率は5%と低いです。しかし、330万円を超えると、税率は20%以上と高くなります。

このように、海外の業者を使って儲けると、国内業者を使った場合と比べて税率が高くなるというデメリットがあるので注意してください。

以上のように、バイナリーオプションで利益を得ると、それぞれの税率に応じて税金が発生します。

経費計上で節税

特に何の対策も立てずに確定申告をすると、高額の税金が発生するため、受け取れる利益が少なくなります。

しかし、しっかりと節税対策をしておけば、税金を安くすることができます。

バイナリーオプションのおすすめの節税対策というと、経費との合算があります。というのも、バイナリーオプションをするにあたって必要な費用は、経費として計上することができるからです。

仮にバイナリーオプションの利益が500万円で、経費が200万円であれば、利益から経費を引くことで300万円残ります。

仮に税率が20%だった場合、所得が500万円だと税金は100万円です。

しかし、経費を計上して所得を300万円まで減らすことで、税金を60万円まで下げることができました。

このように、経費が多ければ多いほど、税金も安くなります。経費にできるものは、一つでも多く経費に計上しましょう。

経費に計上できるもの

では具体的にバイナリーオプションで経費にできるものというと何があるのでしょうか?

経費にできるモノというと、取引に使っている部屋の賃料や光熱費、取引用のパソコンの費用、インターネット代、携帯代、などがあります。

取引手数料なども経費に含まれるので、バイナリーオプションの取引で発生したコストは経費に計上してしまいましょう。

他にも、バイナリーオプションの勉強のために参加したセミナー代やその交通費、書籍代、情報交流のための接待費なども経費に含めることが可能です。

経費として計上するためには、領収書が必要になります。確定申告の際には、どのくらいの経費がかかったのかを計算し、領収書を税務署に提出してください。

経費を計上することで、所得を減らし、税金を安くすることができます。

条件が揃えばバイナリーオプションを専業で行うことは可能

今回紹介した条件を一通り揃えることができれば、バイナリーオプションの専業になることはできます。

ただし、専業はなろうと思って成れるものではありません。

税金の勉強ぐらいであれば、簡単に覚えることができるでしょう。ネット回線や取引用の部屋の契約など、集中するための場所づくりも、やろうと思えばすぐに用意できます。

しかし、勝つための攻略法などに関しては、実際に取引をしてみて、コツを掴むまではなかなか習得できない類のものです。

専業を目指すのであれば、まずは攻略法を見つけてからにしましょう。これがないと、他のすべての条件が揃っていても、専業にはなれません。

まずは攻略法を見つけることが先決です。

バイナリーオプションを始める前に攻略法を見つける方法

ここまで専業になるための条件を述べてきましたがバイナリーオプションを始める前にどうやって攻略法を見つけるのか疑問に思った方もいるかと思います。

しかし見つけることは可能です。厳密に言うと検証することは可能ということになります。

なぜかというとバイナリーオプションでは登録不要、完全無料でデモが利用できるからです。しかしこのデモが利用できるバイナリーオプション業者は限られてしまうため流れとしてそのまま口座開設をする方が使い勝手に悩むことはないでしょう。

デモが可能な業者はハイローオーストラリア、ザ・オプションの2社になります。どちらも仮想資金を100万円分用意していますので公式サイトへアクセスするだけですぐにバイナリーオプション攻略の検証を行うことができます。

仮に仮想資金が底をついたとしてもしばらく時間をおいてサイド利用することは可能なので時間の許す限り検証することができます。

デモといっても入出金の機能以外は機能の制限がありません。つまり取引に利用する全ての機能を利用する事ができます。

本格的にバイナリーオプションを始めて専業としてやっていくためには攻略法だけでなくそれなりの資金と時間が必要になりますのでまずはデモから始めてみると比較的短い期間で満足できるだけの利益を稼ぐことができるようになります。

本気で専業するならハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリアの評価
業者名ハイローオーストラリア
会社概要Realtime Capital Markets Pty. Ltd.
最低入金額5,000円以上
取引金額1,000~200,000円
口座開設無料/最短3分
倍率1.80~2.00倍

ハイローオーストラリアはデモ以外にも転売やライセンスなどおすすめできる点がいくつもあります。専業以前にバイナリーオプションの始めやすさで言えばハイローオーストラリアを超える業者はいません。

独自機能で勝負するならTHEオプション
THEオプション
THEオプションの評価
業者名THEオプション
会社概要TCG holdings Ltd.
最低入金額5,000円以上
取引金額1.000~50,000円
口座開設無料/最短5分
倍率1.82~2.00倍

THEオプションはデモができるだけでなく取引専用デスクトップアプリを準備しています。これによりテクニカルチャートを標準搭載した状態で取引を行うことができます。


バイナリーオプション業者おすすめピックアップ
ハイローオーストラリア:オールマイティな王道バイナリーオプション業者
ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリアの評価
業者名ハイローオーストラリア
会社概要Realtime Capital Markets Pty. Ltd.
最低入金額5,000円以上
取引金額1,000~200,000円
口座開設無料/最短3分
倍率1.80~2倍

確実にバイナリーオプションで利益を出したいと考えている方には是非使っていただきたいのがこのハイローオーストラリアです。デモトレードが無料でペイアウト率や最低入金額など全てにおいて他のバイナリーオプション業者より優れていると言えます。バイナリーオプションで投資を始めるなら必須の業者です。

ザ・バイナリー(THEバイナリー)
ザ・バイナリー(THEバイナリー)
ザ・バイナリー(THEバイナリー)の評価
業者名ザ・バイナリー(THEバイナリー)
会社概要K2 Ventures Limited.
最低入金額10,000円~
取引金額100~50,000円
口座開設無料/最短3分
倍率165%~207%以上

ザ・バイナリー(THEバイナリー)はバイナリーオプション業界最低取引金額最低水準の100円から取引ができます。さらに多くの裏技が使えることで多くの人気を集め、新規口座開設者が続出中です。

バイナリーオプション海外業者情報
バイナリーオプション海外業者情報
海外バイナリーオプションに関するすべての情報をお届けします!始め方や取引のやり方といった初心者向けの情報から上級者向けの最新攻略情報など、情報は毎日更新されますので、気になる情報をチェックしましょう!

コメントを残す

サブコンテンツ