バイナリーオプションの事ならバイナリーマジック

ジェットオプションでレンジ相場時に取引に挑んでみた

ジェットオプション取引トップ

ジェットオプションでバイナリーオプション取引に挑戦しましたよ。今回はチャートの動きが上下にジグザグと不安定に動く、いわゆるレンジ相場といわれる状況でした。そんな状況の下取引に挑戦させてもらいました。

バイナリーオプション取引の攻略セオリーにおいて、レンジ相場を狙うというのはタブー中のタブー。というのもレンジ相場は、チャートの値動きが不安定過ぎて、値動きの先読み・分析がしづらいからです。そんなレンジ相場に挑戦した取引の内容を紹介してきたいと思います。

ジェットオプションについてあまり知らない方

ジェットオプションについては多少なりとご存知でしょうか?もしジェットオプションのことをあまり知らないという方は、コチラのジェットオプション評価ページの情報に目を通して確認しておくといいでしょう。

ジェットオプションで取引に挑む

ジェットオプションで今回挑戦した取引の内容について見て行きましょう。今回は先ほども触れたように、チャートが上へ下へと不安定な値動きが続くレンジ相場でした。一見レンジ相場はどちらに値動きを見せるかわからないように見えます。しかし今回わたしはこのレンジ相場にトレンドを見出すことができたのです。その見出したトレンドに順張りで取引に挑戦してみましたよ。

ジェットオプション取引前ジェットオプション取引成功

取引開始前はと言うと、上に下にと上下していますが、わたしはここに上昇トレンドを見出したので、この上昇トレンドに順張りするかたちでHIGHに¥10,000を投資しました。結果は見ての通り取引を制することができましたので、投資した¥10,000が¥17,200になって返ってきてくれました。ではこのチャートにどうやって上昇トレンドを見出したのかを解説していきましょう。

レンジ相場からトレンドは予測できる?

ジェットオプション取引前

ジェットオプションの取引前のチャート画面を見てみると、一見上に下に値動きしてて、どちらに値動きするかわかりにくい状態にあるように見えます。ただレンジ相場でわかりにくいこんな状況でもチャートのトレンドを予測することができちゃうのです。ではどうやってトレンドを予測するのかと言いますと、ずばり取引画面に表示されてある以前のチャートを確認することです。

過去のチャートを見れば一目瞭然

過去のチャートは、ネット上に掲載してあるもの、テクニカル分析ツールに表示されてあるもの、などで確認することができます。これらにより過去のチャートの値動きを今回調べてみたところ、上昇トレンドであることがわかったわけです。そこでその上昇トレンドに乗っかるかたちで順張りにて取引に挑んだところ、見事取引を制することができたというわけですね。トレンドの予測に困った時は、一度チャートを俯瞰的に見ることをおすすめします。

ジェットオプションについて詳しく知りたい方は

ジェットオプションについて詳しく知りたい方は、下記の【詳細情報】にジェットオプションの特徴・詳細についてまとめていますので参考にしてください。ジェットオプションはメールアドレスの登録のみですぐにバイナリーオプションが始められるのでおすすめです。あなたもジェットオプションでバイナリーオプション取引に挑戦してみませんか?

ジェットオプション

バイナリーオプション業者おすすめピックアップ
ハイローオーストラリア:オールマイティな王道バイナリーオプション業者
ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリアの評価
業者名ハイローオーストラリア
会社概要Realtime Capital Markets Pty. Ltd.
最低入金額5,000円以上
取引金額1,000~200,000円
口座開設無料/最短3分
倍率1.80~2倍

確実にバイナリーオプションで利益を出したいと考えている方には是非使っていただきたいのがこのハイローオーストラリアです。デモトレードが無料でペイアウト率や最低入金額など全てにおいて他のバイナリーオプション業者より優れていると言えます。バイナリーオプションで投資を始めるなら必須の業者です。

ザ・バイナリー(THEバイナリー)
ザ・バイナリー(THEバイナリー)
ザ・バイナリー(THEバイナリー)の評価
業者名ザ・バイナリー(THEバイナリー)
会社概要K2 Ventures Limited.
最低入金額10,000円~
取引金額100~50,000円
口座開設無料/最短3分
倍率165%~207%以上

ザ・バイナリー(THEバイナリー)はバイナリーオプション業界最低取引金額最低水準の100円から取引ができます。さらに多くの裏技が使えることで多くの人気を集め、新規口座開設者が続出中です。

コメントを残す

サブコンテンツ