バイナリーオプションの事ならバイナリーマジック
ハイローオーストラリア公式

ザオプションとファイブスターズマーケッツを徹底比較した結果【2019年版】

公開日:

ザオプションファイブスターズマーケッツ徹底比較

海外バイナリーオプション業者というとハイローオーストラリアをイメージする方が多いと思いますが、このほかにも海外業者はいくつかあります。

その中でも最近注目を集めている「ザオプション」と「ファイブスターズマーケッツ」を比較したいと思います。

ハイロー以外の業者で取引を考えている人やこれからバイナリーを始めたいと考えている方は参考にしてみてください。

ザオプションの概要

ザオプション業者概要を紹介

まずは、ザオプションについてさらっと概要を紹介します。

ザオプションは、独自のデスクトップアプリを提供しているため、分析する際に別途必要になるMT4などのチャートソフトが無くてもザオプションで口座開設するだけで専用のチャートソフトを利用できるので、チャートソフトを用意するのが面倒だと思っている人にも利用しやすいメリットがあります。

このほかにも、クレジットカードによる入金が出来るのはもちろん、初回には入金額に応じたキャッシュバックを受け取ることもできます。

ファイブスターズマーケッツの概要

ファイブスターズマーケッツ業者概要を紹介

次は、ファイブスターズマーケッツについて紹介します。

ファイブスターズマーケッツの魅力と言えば、業界最大のペイアウト率を誇る業者としても有名ですが、ペイアウト率については次の章で詳しく紹介します。

このほかにも自動分析ツールである「オートチャーテイスト」をはじめとした独自のツールを利用出来ることです。

さらに、ハイローやザオプションをはじめ、これまでの海外業者にはない独自の取引方法である「WowFX」取引が利用できます。これはFXでもない通常のバイナリーオプションとも違う独自の取引方法であり、連勝も簡単に狙えることでも有名です。

ザオプション、ファイブスターズマーケッツ比較一覧

ザオプションファイブスターズマーケッツ気になる項目で比較

ザオプションとファイブスターズマーケッツがどのようなバイナリーオプション業者か大まかに分かったところで、今度は、バイナリーオプションを行う上で気になる項目で比較していきましょう。

項目は以下の7つのポイントから比較していきます。項目をクリックすると対応する項目までスクロールします。

比較1「ライセンス」

ライセンスを保有しているのはザオプション

まず、ライセンスについてそれぞれ見てみましょう。

具体的なライセンスの比較に入る前にライセンスについて少し解説します。

ライセンスとは、運営の拠点を置いている国において金融庁などから公式に金融商品の取り扱いに関して認められている国認定のバイナリーオプション業者であることを意味します。

そのため、ライセンスを取得しているかしていないかでその業者の信頼性がわかると言えます。

では、具体的にザオプションとファイブスターズマーケッツのライセンスについて見てみましょう。

まずは、ザオプションですが、金融ライセンスをしっかり取得しています。どこの国で金融ライセンスを取得しているかというと、エストニアです。

エストニアの「MTR」という機関からライセンスを取得していますので、バイナリーオプション業者としての信頼性は高いと言えます。

次に、ファイブスターズマーケッツのライセンスについて見てみましょう。

結論から言うと残念ながらファイブスターズマーケッツはライセンスを取得していません。

ライセンスを取得していないということは安全性や信頼性に欠けることを意味しますので、ライセンスという面で比較するのであれば、ザオプションの方がおすすめと言えます。

比較2「口座開設とキャッシュバック」

口座開設、キャッシュバック共に両業者優秀!

次は、口座開設面について見てみましょう。ここで見るポイントとしては、口座開設時にお金は掛るのか?キャッシュバックはあるのか?何が必要なのか?についてそれぞれ比較しながら見てみましょう。

まずは、ザオプションで口座開設する際について見てみましょう。

ザオプションで口座開設をする際は、お金は掛りません。

ただし準備しなければいけないものがあります。それは本人確認書類を2点用意しなければいけません。

具体的にどのようなものを用意する必要があるかというと、「顔写真付き身分証明書」と「現住所を確認出来る郵便物」です。

この2点を用意して口座開設をするようにしましょう。

そして、キャッシュバックについてですが、ザオプションにはキャッシュバックがあります。

ただし、期間によってキャッシュバックが変わるため、チェックする必要があります。

それに対してファイブスターズマーケッツですが、ファイブスターズマーケッツも口座開設無料で口座開設自体に本人確認書類を提出する必要はないとのことです。

しかし、出金時に本人確認書類を提出していることが必須になるため、口座開設時に提出することをおすすめします。提出する書類は、ザオプションと同様です。更にファイブスターズマーケッツにもキャッシュバックがあり、初回入金額に応じて貰えます。

口座開設に関しては、どちらも甲乙つけがたいと言えます。

比較3「ペイアウト率」

ファイブスターズマーケッツは圧倒的なペイアウト率を誇るが・・・

次は、バイナリーオプションをやっていく上でとても大切な要素であるペイアウト率について見てみましょう。

このペイアウト率がなんで大切かは分かるかと思いますが、ペイアウト率が高ければ高いほど、稼ぎやすくなるためです。

まず、ザオプションのペイアウト率について見てみましょう。

1.81倍~2.00倍と平均的なペイアウト率と言えるでしょう。

取引方法別に見てみると、一般的な「Higjlow取引」と呼ばれる15分、1時間、1日のバイナリーオプションの中では長い取引時間におけるペイアウト率は、1.82倍~1.85倍となっています。

これについても平均的と言えるでしょう。

次に、「Turbo取引」と呼ばれる30秒や1分など短い時間による取引のペイアウト率は、1.81倍~1.83倍となっています。これも平均的と言えます。

それからHighlow・Turboのスプレッド取引はペイアウト率2.00倍となっています。ザオプションのペイアウト率は総じて平均的と言えるでしょう。

次に、ファイブスターズマーケッツのペイアウト率について見てましょう。1.66倍~3.22倍とかなり開きがあります。

最低ペイアウト率については業界水準以下言ってもいいでしょう。

しかし、最高ペイアウト率については、3.22倍と業界水準をはるかに超えた高いペイアウト率と言えるため、一長一短のペイアウト率と言えます。

ちなみに3.22倍のペイアウト率はどんな取引で適用されるのかというと、「アップダウン取引」と呼ばれる5段階方式でスプレッドを決めるファイブスターズマーケッツの独自の取引方法と言えます。

いわゆる他の業者にもあるスプレッド取引の幅を広げた取引方法ですので、普通のHighlow取引やTurbo取引ではないことを認識しておいてください。

通常取引においては、1.66倍~1.8倍と業界水準を下回るペイアウト率の為、アップダウン取引以外は魅力的でないと言えます。

ペイアウト率で比べるのであれば、業界水準に近いザオプションがおすすめと言えるでしょう。

比較4「出金対応」

ザオプションは迅速な出金対応が可能

ペイアウト率と同様こちらも同じくらい大切な要素である出金対応についてもそれぞれ見てみましょう。

特に出金対応で大切な項目が、最低出金額・出金手数料・着金期間の3項目です。ではまず、ザオプションについて見てみましょう。

ザオプションは最低出金額が5,000円と低めに設定されています。そして注意点もあり、クレジットカードによる入金額はクレジットカードに返金されます。

そして、利益は口座に振り込まれます。手数料に関しては、銀行出金が2,000円、クレジットカードの場合は1,000円、bitwalletは、出金額の4%に設定されています。

ただし、最初の一回は手数料が無料であり、このほか口座レベルに応じて出金手数料が無料になったりします。

そして着金までの期間ですが、1週間ほどかかります。これがザオプションの出金に関するポイントです。

次に、ファイブスターズマーケッツの出金について見てみましょう。ファイブスターズマーケッツの最低出金額は、10,000円とザオプションよりは高めに設定されています。

次に出金手数料ですが、銀行出金の場合、1,000円で、bitwalletは手数料無料となっています。

最後に着金期間ですが、正午までの出金依頼に対しては、当日15時までに振り込み処理をしてくれます。そして、正午を過ぎた場合でも翌営業日には着金されますので、かなり早いと言えます。

それから、本人確認書類の提出が完了している人しか出金できませんので、本人確認書類をあらかじめ提出しておく必要があります。

以上が、出金対応に関する比較でした。一概にどちらが良いとは言えませんが、やはり着金スピードが早いファイブスターズマーケッツのほうがおすすめではないでしょうか。

比較5「デモ取引」

ザオプションなら無料デモ取引が利用できる

デモ取引についても比較してみましょう。

デモ取引があると口座開設する前にどんな業者かが分かるだけでなく、新しい手法を試したい場合等に実践的な形で練習できるため、デモ口座があると何かと便利です。

まずは、ザオプションのデモ口座について見てみましょう。

ザオプションにはデモ口座があり無料で利用できます。さらにリアル口座と同じ環境で取引が出来るため、練習には最適と言えます。

次にファイブスターズマーケッツについて見てみましょう。

残念ながらファイブスターズマーケッツにはデモ口座が実装されていません。なので、新しい手法を試したい場合などにデモ口座で練習することが出来ません。その代わり操作性を確認することは出来ますので、口座開設する前にどんな感じか知りたい方はそちらで操作性を確認してみてください。

以上が、デモ取引に関する比較でした。

デモ口座に関しては、言うまでもなくザオプションがおすすめです。

しかし、ファイブスターズマーケッツは最低取引額が500円~とかなり低めに設定されていますので、実践を兼ねて新しい手法を試せますので、メンタル面のトレーニングにもなるメリットがあります。

比較6「スマホ」

アプリの利用は限定されているしかしブラウザに対応しているので問題なし

次は、スマホに対応しているかについて比較したいと思います。

今やスマートフォンは誰もが持っている時代です。そして投資もスマホで出来るのが当たり前になりつつあります。スマホで取引が出来ると、忙しいサラリーマンの方でも通勤中や休憩時間等の隙間時間に出来るメリットがあるため、スマホ対応は欲しいところですが、どうなのでしょうか。

まずザオプションですが、もちろんスマホに対応しています。操作性も抜群でPC同様の操作感で取引出来ます。

しかし、チャートソフトはスマホに対応していないため、チャートを見て行いたい場合は、MT4などをダウンロードする必要があります。

次にファイブスターズマーケッツですが、こちらもしっかりスマホ対応しています。こちらも操作性抜群でPCと差なく取引をすることが出来ますので、スマホで取引したい方にもおすすめです。

以上がスマホに関する比較でした。正直にスマホという面に関してはどちらも対応していますし、操作性も抜群ですので、どちらもおすすめと言えます。

比較7「サポート」

量業も日本語サポートに対応!

最後に、サポート面について比較してみたいと思います。

やはり海外業者を利用する上でサポート面がしっかりしていることは大切です。

その中でも日本語サポートが受けられるかは非常に重要な項目ですので、その点について比較してみましょう。

まず、ザオプションですが、しっかり日本語サポートに対応しています。

しかも日本人スタッフが在籍しているため、何の問題もなく問い合わせすることが出来るため、サポート面に関しては特に問題ないのではないでしょうか。

次にファイブスターズマーケッツですが日本語サポートが受けられるようになっています。

しかし、日本人スタッフによるサポートが受けられるかはわかりませんが、日本語・中国語・広東語で教育を受けたスタッフが在籍していると公式ページに記載がありますので、安心していいと思います。

以上がサポート面についての比較でした。

どちらもしっかりと日本語サポートに対応していますので、サポート面に関してはどちらもおすすめと言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ライセンスやペイアウト率に重点を置いて比較するのであれば、ザオプションがおすすめと言えますが、ファイブスターズマーケッツも業界最高水準の3.22倍ペイアウト率で取引できたり、出金スピードが早い等のメリットもありますので、ご自身が気になる業者で口座開設することをおすすめしますがライセンスやデモ取引があることを考えればザオプションがおすすめであると言えます。


バイナリーオプション業者おすすめピックアップ
ハイローオーストラリア:オールマイティな王道バイナリーオプション業者
ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリアの評価
業者名ハイローオーストラリア
会社概要Realtime Capital Markets Pty. Ltd.
最低入金額5,000円以上
取引金額1,000~200,000円
口座開設無料/最短3分
倍率1.80~2倍

確実にバイナリーオプションで利益を出したいと考えている方には是非使っていただきたいのがこのハイローオーストラリアです。デモトレードが無料でペイアウト率や最低入金額など全てにおいて他のバイナリーオプション業者より優れていると言えます。バイナリーオプションで投資を始めるなら必須の業者です。

ザ・バイナリー(THEバイナリー)
ザ・バイナリー(THEバイナリー)
ザ・バイナリー(THEバイナリー)の評価
業者名ザ・バイナリー(THEバイナリー)
会社概要K2 Ventures Limited.
最低入金額10,000円~
取引金額100~50,000円
口座開設無料/最短3分
倍率165%~207%以上

ザ・バイナリー(THEバイナリー)はバイナリーオプション業界最低取引金額最低水準の100円から取引ができます。さらに多くの裏技が使えることで多くの人気を集め、新規口座開設者が続出中です。

コメントを残す

サブコンテンツ