バイナリーオプション初心者

【初心者必見】バイナリーオプションでナンピンは必要なのか

ナンピンはバイナリーオプションに必要な手法なのか

記事要約
  • ナンピンは反発を利用して損失を抑える手法
  • バイナリーオプションでナンピンを利用すると利益に転換させることもできる
  • バイナリーオプションにナンピンは必要ない

ナンピンがバイナリーオプションでも通用するか知りたいと思っていませんか。

ナンピンは投資の世界で度々耳にする言葉で実際にナンピンを実践しているトレーダーは世界中に存在します。

ここではナンピンがバイナリーオプションに必要な手法かどうかを初心者でも分かるように解説していきます。

Tanaka
Tanaka
ナンピンはバイナリーオプションでも活用されている手法ですが注意点が多いことは否めません。

ナンピンとは

投資の手法として有名なナンピンとは

ナンピンとは売買価格を平均化するための手法です。

予測通りに相場が動かなかった場合に買い増しすることで損失を抑えるのが狙いです。

漢字で表記すると「難平」となり難(損失)を平(平均化)にするという意味を持っています。

ナンピンは江戸時代から利用されている手法で米商人同士で活用されていた手法です。

バイナリーオプションにおけるナンピンとは

バイナリーオプションでもナンピンは活用できるのか

バイナリーオプションにおけるナンピンとは予測した方向とは逆の方向へトレンドが形成されたとき、そのトレンドとは逆のポジションでエントリーすることを言います。

一例を挙げると上画像のように価格が上昇すると予測して「HIGH」でエントリーしたが予測に反して価格が下降を始めたとします。

次にこれくらいの価格で下げ止まるだろうと予測して更に「HIGH」でエントリーするということです。

バイナリーオプションでナンピンを利用して上手く取引できれば損失を抑えるだけでなく利益を確定させることも期待することができます。

ナンピンで損失を抑える取引例

上画像はナンピンで損失を抑える取引例を示したものです。

反発の予測が難しい場合は少ない金額でエントリーして損失を抑える方向へ持っていくのが効果的です。

ナンピンで利益を確定させる取引例

上画像はナンピンで利益を確定させる取引例です。

バイナリーオプションは利益や損失が固定されていますので保有するポジションの数を変えるだけで簡単に利益に転換させることができます。

ナンピンの問題点

否定的な意見が多いナンピンの問題点

ナンピンは損失を平均化することが期待できますがそれ以上に問題点が目立つ手法です。

初心者には不向き

ナンピンは相場がこれ以上、上昇あるいは下降しないことを予測してエントリーをします。そのためその反発をどれだけ正確に予測できるかが重要になります。

バイナリーオプションでは短期取引を利用するトレーダーが多いのですが短期取引では更に予測の難易度が高まると言えます。

一度に多額の資金を失う可能性がある

ナンピンはポジションの保有数を増やすため予測が外れると一度に多額の資金を失う可能性があります。

つまり、HIGHでエントリーしていたとして下げ止まったと予測してもさらに下降することで予測が外れるといったこともあり得ます。

資金を失うトレーダーの代表的な取引

ナンピンはマーチンゲール並みに資金を失う典型的な取引例として紹介されることが多々あります。

理由は明確で「これぐらいで上昇するだろう」などと根拠もなくエントリーするトレーダーが多いからです。

いわゆる直感任せな取引が多くなるということです。

ナンピンはエントリーしてから予測と逆行したタイミングから分析を強いられるため早くエントリーして損失を抑えようと冷静な判断に欠いたエントリーをしてしまう傾向にあります。

ナンピンを上手く活用する方法

バイナリーオプションでナンピンを上手く活用する方法

バイナリーオプションでナンピンを活用するのはあまり推奨できませんが上手く活用できればナンピンの効果を十分に感じることはできます。

では、ナンピンを上手く活用するにはどうすれば良いか解説していきます。

取引回数を制限する

ナンピンを上手く活用するためには取引回数に制限を設けるのが最もシンプルな方法です。しかし基本的に各バイナリーオプション業者の取引画面に取引回数を制限するような機能はありませんので自分で計画を立てて回数を減らすしかありません。

そのためメンタル面の問題も絡んできますが無駄な損失を出さないためには、取引回数を減らしてしまえば心配することはまったくないわけです。

その分の集中力を設定した回数の取引に注ぐようにしましょう。

損失の許容範囲を設定する

ナンピンは下手な取引をすればエントリーした全てのポジションで損失が出る可能性があります。そのため予め損失の許容範囲を設定しておくとナンピンの利用を制限するきっかけになります。

最適な損失の許容範囲は資金に応じて変動しますので一概にいくらが良いとは言えませんが資金の5%ほどであれば損失を出したとしても痛手にはならないと思います。

設定した損失の許容範囲は十分に資金を増やすことができるまで変えないように注意しましょう。

なんとなくでエントリーしない

ナンピンに限らず多額の損失を出すトレーダーに多いのが「なんとなくでエントリーする」です。

これはバイナリーオプションだけでなく投資において最も憎むべきもので絶対にこの方法に慣れてしまってはいけません。

エントリーする際は複数のチャートから分析を行い強い根拠を見つけたときだけにするべきです。

バイナリーオプションでナンピンを実践

バイナリーオプションでナンピンを実践

ナンピンはバイナリーオプションでおすすめできる手法ではありませんが実際にバイナリーオプションで利用するとなるとどうなるか見てみないとわからない方もいるかと思いますので

ここでは画像を交えながら以下の内容で実際にバイナリーオプションでナンピンによる取引を実践したいと思います。

取引設定
  • 業者名:ハイローオーストラリア
  • 取引種類:Turbo
  • 取引時間:3分
  • 投資額:10000円
  • ペイアウト率:1.90倍

HIGHエントリー1回目

一度目の取引は上昇トレンドへ転じると予測してHIGHでエントリーしました。しかし予測に反して下降を始めてしまいました。

HIGHエントリー2回目

ここでナンピンを実践していきます。この場合、下げ止まったタイミングを見計らって再度HIGHにエントリーすることになります。

すでにチャートが大きな下降を見せているので、このタイミングが下げ止まりと予測して再度HIGHにエントリーしました。

予測通り上昇

二度目のエントリー後チャートは予測通り上昇へ転じました。

このまま取引が終了すればナンピンは成功したことになります。

ナンピン取引結果

取引結果は上画像のようになります。

一度目の取引は外れたので10000の損失となり、2度目で的中しましたので9000円の利益となります。

整理すると以下のようになります。

ナンピンを実践した結果

-10000円(1度目HIGH):10000(投資額)-10000(予測外れ)=0円(払い戻し)

+9000円(2度目HIGH):10000(投資額)+9000(予測的中)=19000円(払い戻し)

損益:(-10000)+9000=-1000円

上記結果からも分かるように一度目の取引だけでは-10000円の損失となる取引をナンピンを利用したことで-1000円に抑えることができました。

今回はペイアウト率1.90倍で取引をしましたが、ハイローオーストラリアではペイアウト率が2.00倍を超えるような取引もありますので、そのような種類で取引すれば損失ではなく利益に転換できることになります。

まとめ

結論から言うとバイナリーオプションでナンピンは必要ありません。

ナンピンは資金に余裕があって取引に自信がある場合に限ったほうが無難です。

バイナリーオプションを始めたばかりの初心者であるならなおさらナンピンを活用するのは避けたほうが良いでしょう。