バイナリーオプション攻略

誰でもできる!バイナリーオプションのバックテストのやり方3選

バイナリーオプションバックテストのやり方3選

記事要約
  1. バイナリーオプションでバックテストをやる方法は「システムを組む」「手動で行う」「代行業者に依頼する
  2. バックテストはおすすめ業者で行う
  3. バックテストは参考程度にとどめる

バイナリーオプションをある程度やっていると、自分なりの手法を思いついたり、新たな手法を勉強した時に、実際その手法がどのくらいの勝率を出せるものなのか、本当に使えるものなのかを確認したくなることがあるのではないでしょうか?そんな時に役立つのがバックテストです。

今回の記事では、バックテストをすることで得られるメリットなどについて解説します。バックテストについて興味がある方はもちろん、勝率やテクニカル技術を向上させたい方、バックテストについて知らない方などバイナリーオプションをやってる人はぜひ見てみてください。

バックテストとは

バックテストは効率的に勝率を上げるために必要なことです

まず、バックテストとは何かについて解説します。結論からいえば、MT4などのチャートソフトを使って、過去のチャートをさかのぼり、確認したい手法や理論が本当に役立つのかを確認することをバックテストといいます。

MT4などで行う場合は、5~10年分のヒストリカルデータと呼ばれるチャートデータをダウンロードして、そこにプログラムコードを打ち込んで検証するのが一般的ですが、この内容については、かなり深い話になってしまうため、今回は割愛します。

この記事では、このチャートをさかのぼって行うバックテストをバイナリーオプションでするとどんなメリットがあるのか、そして具体的にどんな方法でバックテストを実践したらいいのかについてなど、バックテストの有用性について詳しく解説します。

バイナリーオプションでバックテストを実践するメリットとデメリット

バックテストのメリットとデメリットを比較

ここでは、手法などのバックテストを実践することで得られるメリットやデメリットについて紹介します。バックテストを行う前にまずは、メリットやデメリットを知っておくことは大切なので、ぜひチェックしてみてください。

メリット

メリットとして挙げられるのは以下の2点となります。

バックテストのメリット
  • 気になる手法がどのくらい役立つのかを知ることができる
  • どのくらいの勝率を見込めるか知ることができる

バイナリーオプションで投資する上で勝率というものは利益を獲得していく点で最も重要な要素になります。今自分が試している手法であったり、これから試そうとしている手法が、実際どれくらいの勝率を出せるものなのかを知っているのと知っていないのでは、メンタル面に大きな影響を与えると言っても過言ではありません。

もしバックテストを実践せず、ただ気になった手法を試していてはその手法が実際使えるものなのか、使えないものなのかを判断することも出来ませんし、仮に使える手法であったとしても、どれくらいの勝率を出せるものか分からないと、勝てなくなった時点で、別の手法に変えてしまう可能性が高くなります。

せっかく大きな利益を出せるような素晴らしい手法に出会えたとして知らず知らずのうちに自ら手放してしまう可能性もあるのです。その手法が本当の意味で良いものなのか、悪いものなのかを判断する上でもバックテストは大切であると言えるでしょう。

デメリット

バックテストをすることに対してデメリットの要素は無いのですが、バックテストを行う際には以下のようなデメリットが発生します。

バックテストのデメリット
  • 独学でバックテストを行う際は時間と手間がかかる

バックテストをする際、MT4などでシステムを組んで行う場合は、プログラミングの知識が必要になります。

そのため、まずバックテストのシステムが組めるようプログラミングの勉強をしなければいけません。それから、自分でチャートをさかのぼって行う手作業の場合は、膨大な時間がかかります。さらに、手作業の場合、見落としなどの可能性もあるため、正確なバックテスト結果が出せない可能性もあるのです。

バックテスト自体にデメリットは無いのですが、行う際の手間がかかるというデメリットがあることを知っておきましょう。

以上が、バックテストを実践することで得られるメリットやデメリットでした。正直手間を省けばメリットしかないので、バイナリーオプションで本気で稼ぎたいと考えているのであれば、絶対にバックテストは取るべきだと思います。

バックテストを独学で学ぶことは現実的?

バックテストは独学で学べる?

投資経験者でも無い限りバックテストという単語すら聞いたことがない方が多いのではないでしょうか。

では、独学でバックテストを学ぶ事ができるかといえば答えはイエスです。

ただし、場合によってはMQLという言語でコードを書く必要があるためプログラミングの経験者でなければ難しい場合もあります。

これから紹介する方法ではプログラミング言語を習得していなくても実践できる方法もありますのでプログラミングに自信が無い方はそちらから実践してみましょう。

バイナリーオプションでバックテストを実践する方法

バイナリーオプションでバックテストを実践する方法は3通り

次に、バックテストの実践方法について解説します。ここでは、詳しいことは説明せず、どんな方法で実践するのかについて紹介します。方法は3つありますのでそれぞれ紹介します。

システムを組んで行う

バックテストを行う上で一番オーソドックスなのが、先ほどから何回か触れているMT4のチャートソフトを使って行う方法です。具体的にどんな方法で行うのかというと、MT4にヒストリカルデータと呼ばれるデータをダウンロードして、そのチャートに手法の理論をプログラミングして検証するという方法です。

プログラミング知識がないとシステムを組むことが出来ないため、少しハードルは高くなりますが、正確な検証結果が期待出来るのでおすすめです。

手動で行う

2つ目が、手動で行う方法です。自分でチャートをさかのぼりながら、手法を照らし合わせてデータを取っていく方法です。古典的で原始的な方法ですが、この方法で何十年分のバックテストを取ることはかなりの時間と手間を必要とするため、おすすめはできませんが、プログラミング知識がないけどなんとかしてバックテストをしたいというのであれば試してみるのもありです。

代行業者に依頼する

3つ目がバックテストを代行で行ってくれる会社や個人にお願いすることです。費用が掛ってしまいますが、自分でバックテストをする時間が無いという方やプログラミング知識が無い方におすすめです。

バックテストの代行は信頼できるのか

バックテスト代行は信頼できる?

バックテストの実践方法で、バックテストを代行してもらうと便利とお伝えしましたが、本当に代行に頼んで大丈夫なのかと疑問を抱く人もいると思います。結論から言えば信頼できます。

バックテストは手法のレクチャーではなく、あくまで検証するだけですので、検証したい手法のロジックなどをきちんと伝えさえすれば満足いく結果が得られると思います。最近ではクラウドソーシングでバックテストの代行をしてくれる人たちもいますので、気になる方は依頼してみるのもおすすめです。

バックテストの検証結果はおすすめ業者で再現しよう

バックテストはおすすめの業者で!

バックテストの検証結果が出たらその結果に基づいて自分の利用している業者等で、確認しましょう。バイナリーオプション業者とMT4ではチャートのずれなどもあるため、業者で確認しながら手法の最終調整をすることが大切です。

もし、まだ口座開設をしていないという方がいれば以下のリンクからバイナリーオプションのおすすめ業者を探してみてください。

バイナリーオプションおすすめ国内・海外業者一覧とその違いを紹介! バイナリーオプションには国内業者と海外業者が存在します。 最近は規制の影響を受けないことで非常に単純な仕組みになっているバイナ...

バックテストの注意点

バックテスtの注意点を忘れないようにしましょう

最後にバックテストをする際の注意点を紹介します。自分でバックテストする際は、そこまで注意する必要はないかもしれませんが、あるとすれば、バックテスト結果が良かったからといって必ずしもバックテスト通りになると思っては危険です。

相場は生き物と言われています。今後同じ動きをするとは限りませんので、その部分についてしっかりと認識しておきましょう。それから、バックテストを代行業者等に依頼する際は、自分が検証しようとしている手法が、投資経験のない人でも理解してもらえるように文章に落とし込む必要があります。

というのも検証してくれる人は、プログラマーであり、トレーダーではありません。なので、しっかりと代行してもらう人に伝わるように手法をわかりやすい文章にまとめてから依頼するようにしましょう。

まとめ

以上が、バックテストについてでした。一見面倒な作業に思えるかも知れませんが、バックテストをするとしないとでは、取引に大幅な影響がありますので、是非してみてください。バックテストをすればトレーダーとしても大きく成長出来ますので、試してみてください。