バイナリーオプション危険

バイナリーオプションで借金をつくらない方法を徹底解説

バイナリーオプションで借金をつくらないために

  • 「バイナリーオプションで借金をつくる可能性があるの?」
  • 「バイナリーオプションは安心して取引できるの?」
  • 「どうしたら借金をつくらずに済むの?」

上記のような疑問を持っている方はいないでしょうか。

バイナリーオプションと言えば上か下かを選ぶシンプルなエントリー方法で業者によっては最低100円から気軽に投資が出来るため、投資初心者の方を中心に人気があります。

しかし、シンプルであるがゆえにバイナリーオプションを軽く見がちだったりもします。

バイナリーオプションは投資額分しか損失が出ないため資金を工面する時点で借金をしていない限り借金する可能性はありません。

ただし、単純な仕組みから直感的な取引をする方も多く知識が無い方はすぐに損失を出すという特徴を持っているのも確かです。

この記事ではバイナリーオプションで借金してしまった方の体験談を交えながらどうすれば借金せずに済むのか、借金してしまったらどうすれば良いのかを解説していきます。

バイナリーオプションで借金をつくった人の体験談

実際に借金を作った人の体験談を教訓にしよう

では実際にバイナリーオプションで借金を作ってしまった人の体験談をいくつか紹介します。

バイナリーオプションで借金をつくる方に共通している方はビギナーズラックで負けを取り戻したい気持ちから無茶な取引をしてしまい、その結果、多くの借金をしてしまっているということです。

体験談を教訓にして自分自信にも共通する要素がないか確認しましょう。

体験談1:元金が無くなって負けを取り戻したいという気持ちから

20代後半男性の体験談ですが、この男性は友人の紹介でバイナリーオプションを始めました。勢いだけで始めた為、投資に関する勉強は一切していなかったそうです。

しかし、勝ち負けを繰り返しながらも、徐々に資金を増やし、もともと5万円で始めたにも関わらず、なんと50万円までに資金を増やしたそうです。

そこで舞い上がってしまったこの男性は、1回のエントリーに10万円以上を賭けるようになりました。

しかしこれがあだとなり、あっという間に50万円を失くしてしまいます。

もともとの5万円も無くしてしまったため、せめてその5万円くらいは取り戻したいと思ったのと同時に、どうせやるのであれば最初の資金を増やしてやればもっと稼げるのではと思い、20万円を入金して再度バイナリーオプションを始めたそうです。

しかし、上手くいかず損失は50万円を超えてしまい、様々なところからお金を借りてはバイナリーオプションを繰り返したものの結局損失は膨らむばかりで元金は取り戻せなかったそうです。

現在はコツコツ借金を返済しているそうです。

体験談2:もともとギャンブル好きということもあり…

30代後半男性の体験談ですが、この男性は日頃から競馬やパチンコなどのギャンブルが好きなこともあって、バイナリーオプションを知人に教えてもらってすぐに口座を開設して最初に10万円を入金しました。

ビギナーズラックのおかげかいきなり10万円が30万円まで増えたそうです。しかも1日で。

この男性は今までにない興奮を覚えその後もバイナリーオプションに没頭しました。しかし、1週間もたたないうちに30万円まで増えた資金はなくなってしまい、負けた悔しから再度10万円を入金。しかし、その日のうちに10万円を失くしてしまいます。

それを繰り返すうちに気が付けば、400万円近い借金をしてしまったそうです。そしてどこからも借りることが出来なくなり、現在は返済中だそうです。

バイナリーオプションで借金をつくる経緯

バイナリーオプションで借金をつくる原因

バイナリーオプションを作る経緯は様々あるかと思いますが、おおむねこれから紹介する理由が多いと思いますので、一つずつ見ていきましょう。

クレジットカードで入金できる

海外バイナリーオプション業者の中には、クレジットカードで入金できる業者が存在します。

クレジットカードによる入金は入金手続き後に即時反映されますので一見すると便利ですが、負けた時すぐにクレジットカードで入金という作業を繰り返してしまいます。

つまり、気持ちが熱くなっているためすぐに取引を再開してしまうのです。

クレジットカードの支払日を迎えたときにはお金が底を尽きている状態になってしまい、また新しいカードを作って入金して負けを取り戻すためにバイナリーオプションをやってしまうというケースが多いようです。

中毒性がある

バイナリーオプションには中毒性があります。

ペイアウト率が1.8や1.9倍と高い為、勝った時の感覚が病みつきになってしまうのです。特に追い詰められて口座資金全てを賭けて一か八かの勝負に出た際に勝った時の感覚を味わってしまうとそこから抜け出せなくなり、負けても1回勝てば全て取り戻せると考えてしまうため、安易に借金をしてしまうのです。

バイナリーオプションで借金をつくらない方法

バイナリーオプションで借金をつくらない最も効果的な方法

では、バイナリーオプションで借金を作らない方法を紹介します。借金を作らない方法は簡単です。それは、バイナリーオプションをギャンブルにしないことにつきます。

しかしそれでは抽象的すぎるので、具体的に言えば、まずクレジットカードによる入金でやらないこと、余剰資金で取引すること、勝ったらすぐに元金を下ろすの3つです。

これを徹底していれば借金する確率を下げることができるでしょう。

特に余剰資金で取引することは非常に大切です。

余剰資金はまだ用途が決まっていないお金を指すのですが普段利用している口座と同じ口座からバイナリーオプションの取引口座に入金すると際限なく入金して生活もできなくなってしまいかねないので普段遣いの口座とバイナリーオプションで利用する投資用の口座は分別しておいた方が無難です。

バイナリーオプションで借金をつくる人の特徴

こんな人は高確率で借金をつくります

次はバイナリーオプションで借金を作ってしまう人の特徴を箇条書きにして紹介します。

  • ギャンブル感覚でやってしまう人
  • 負けると熱くなってしまう人
  • 一発逆転を狙ってバイナリーオプションをやってしまう人

上記3つの特徴の内、特に注意が必要なのがギャンブル感覚でやってしまう人です。

バイナリーオプションは二者択一で取引でき勝率は50%あります。

しかし、勝率が50%あるからと言って利益が出るわけではありません。

その理由を簡単に説明すると以下のようになります。

同条件で取引した際の損益
投資額ペイアウト率払い戻し損益
勝ち10000円2.00倍20000円+10000円
負け10000円2.00倍0円-10000円

上記表のように同条件で取引した際、勝った場合は+10000円になるのに対して負けると-10000円になってしまいます。

つまり勝率が50%では徐々に損失が膨らんでいくことになります。

しかし、この仕組みを知ってか知らずかギャンブル感覚て取引される方が非常に多いように感じます。

そのためギャンブル感覚で取引されている方は、その感覚がズレているということを自覚し改善しなければなりません。

バイナリーオプションで借金をつくったらこうなる

バイナリーオプションで借金したら自己破産は無意味?

バイナリーオプションで借金を作ってしまったらどのような運命が待っているのでしょうか。それについても簡単で、返済していく日々が始まるのです。

もし、借金が膨らんでしまったら自己破産すればいいやと安易に考えているかもしれませんが、バイナリーオプションによる借金は、免責不可になる可能性が高いです。

免責不可とは、自己破産しても借金が帳消しにならないということを意味しますので、どう転がっても返済していかなければならないため、借金を作ってしまったら、素直に働いて返して行きましょう。

バイナリーオプションの借金は地道に返済していくしかない

借金は真面目に働いてコツコツ返済するのが一番

バイナリーオプションで借金をつくってしまったら当然返済していかなければいけません。

しかし、間違ってもバイナリーオプションでつくった借金をバイナリーオプションで返済しようとしてはいけません。

借金を返済するためには地道に働いていく他に確実に返済できる方法はありません。

借金を楽して返済しようとする考えは改めましょう。

まとめ

いかがでしたか。バイナリーオプションは、投資額以上の損失が出ることはありません。

しかし、負けたからと再度入金を繰り返していくと借金に繋がる可能性が非常に高くなります。

ただ、それは自分次第でどうにでもなる問題です。

そして今回紹介した借金しやすい特徴にある項目が一つでも当てはまる場合は、バイナリーオプションをやるのを辞めましょう。

それから、最後に言っておきますが、バイナリーオプションはギャンブルではありません。投資です。

しっかりとした知識と戦略・分析を繰り返して少しずつ利益を増やしていくものですので、その点も理解した上で行ってください。