バイナリーオプション初心者

大学生にバイナリーオプションが大人気!始める前の注意点!

大学生の画像

大学生ともなると、学費や生活費、さらには交際費など、お金が入用になる時期です。お金を稼ぐためにバイトに明け暮れる学生もいるのでしょうが、学業がある分、仕事だけに専念することは難しいです。

バイナリーオプションならば、そんなバイトや勉強、さらには遊びなどで忙しい大学生でも空き時間を利用して稼ぐことができます。このページでは、近年大学生から人気を集めているバイナリーオプションについて、大学生が陥りがちな失敗のパターンや注意点などを詳しく解説してみました。

バイナリーオプションが大学生に人気!?

高校生と違って大学生の場合、20歳以上の成人であることが多く、本人の自己判断でいつでもバイナリーオプションの口座を開設し、取引を始めることができます。

大学生がバイナリーオプションを始めるのは4つの理由があると言われています。大学生がバイナリーオプションに魅了される理由を解説します。

少額から始められる

バイナリーが大学生から人気を集めている理由の一つとして、少額から始めることができるという利点があります。

バイナリーオプションは最低取引金額が非常に低く、1回のトレードだけなら1000円もあれば十分です。1万円もあれば、本格的なトレードをする上で十分な資金となるでしょう。

これが株式投資の場合、1000円で買えるような株というのはほとんどありません。本格的な投資をするとなると、100万円はあった方が良いでしょう。

100万円は、社会人であれば貯められる金額ですが、バイトぐらいしかできない大学生ともなると、貯めるのも一苦労の額です。しかし、1万円ぐらいであれば、大学生であっても難なく貯められるでしょう。

少額からトレードに参戦できるバイナリーは、まさに資金が少ない大学生にとって都合の良い金融商品なのです。

お金の画像

バイナリーオプションは、口座を開設するだけなら基本的に無料です。利用するにあたって手数料などもかからないので、余計な出費がありません。

このように少額から始められることに加え、手数料もかからないなど、取引をする上でのハードルが低いという強みが大学生に受けているのです。

講義がない時間帯で稼げる

大学生の場合、午前から午後にかけて大学で講義を受けるものです。講義がなければサークルや飲み会など、色々と忙しく活動することでしょう。

バイトをするにしても、講義に支障が出ないようにシフトを組まなければならず、スケジュールの調整も一苦労するものです。

その点、バイナリーオプションの場合、ネット環境さえ揃っていれば自宅でもトレードができます。

為替市場は基本的に土日以外は24時間常にオープンしているので、講義のない、時間が空いた時だけトレードに参加することも可能です。

まさに、稼ぎたい時に稼ぐことができるのです。

普段は講義やサークルでの活動、飲み会などで忙しく、なかなか自由な時間が空かないという方でも、ネットですぐに取引に参加できるバイナリーならば時間に囚われることなく利益を求められます。

短期間で高収入を得られる

バイナリーオプションは、成功すれば短期間で高収入を得ることも夢ではありません。継続的に勝利を掴み、資産を増やすことができれば、当初は少なかった資金もやがては倍増し、高額の利益を得ることができるでしょう。

大学生がバイトで稼げる収入というと、だいたい10万円前後。20万円以上の収入をバイトだけで得るというのはなかなか難しいです。

学業とバイトを両立している限り、労働で得られる利益はどうしても少なくなってしまいます。しかし、バイナリーオプションでトレードに勝利すれば、大学生のバイトでは稼げないような、高額の収入を得ることができるでしょう。

もちろん、失敗すれば損失が増えていきます。ただし、バイナリーオプションはFXと違って損失が常に最小限に抑えられるというメリットがあります。

一回や二回負けたところで、大きく損をすることをはなく、何度でも挑戦することができます。

継続的に挑戦し、バイナリーで勝つコツを掴むことができれば、やがては資産を大きく増やすこともできるでしょう。

経済の勉強になる

バイナリーを始め、トレードのやり方や勝つための方法を勉強すると、その一環として経済について詳しくなれます。

学校の座学で習う経済と違って、バイナリーを通じて経済の流れを実際に目の当たりにするわけですから、普通の学生よりも経済に精通することができるでしょう。

バイナリーを通じて経済を学び、自分の知識として吸収することができれば、人として成長することもできます。

勉強の画像

将来就職活動をする時、経済に強いという自分の特徴を活かし、経済関係の仕事を目指しても良いでしょう。

特に、将来経済関係の仕事に就くことを希望している大学生の場合、一度バイナリーオプションで取引をし、経済について学ぶ機会は良い経験となるでしょう。この取引経験は、大学生としての成長を促してくれます。

大学生がバイナリーで失敗するパターン

バイナリーオプションは、確かに成功すれば空き時間を利用して高収入を得ることも可能です。成功した人の中には、それこそ学費以上の収入を得たという方もいることでしょう。

しかし、バイナリーオプションは絶対に儲かる取引というわけではありません。思惑を外せば損失が出ますし、少額といえど何度も連続で負ければ損失が膨らみます。

失敗といっても、最小限に抑え、許容範囲内におさまるようにリスク管理をしているのであれば問題はありません。しかし大学生の場合、撤退を余儀なくされるほどの大損を経験し、追い詰められることがあります。

一体なぜそこまでの失敗をしでかしてしまうのでしょうか?次はバイナリーオプションで失敗する大学生の典型例などを紹介します。

大学に行かなくなる

バイナリーオプションは土日を除き、平日であれば24時間いつでも取引ができます。

そのため、空き時間などを利用して稼ぐことができるのですが、中には熱中するあまり、大学に行かず、日中からバイナリーに明け暮れてしまう大学生もいます。

いくらお金が欲しいからといって、熱中するあまり学業を疎かにするわけにはいきません。

講義に参加せず、単位を取得できないと、留年する恐れがあります。留年するとバイナリーオプションで稼ぐ額以上の授業料が必要になることも考えられます。大学を無事に卒業するためにも、バイナリーオプションは講義以外の空き時間を利用してやるなど、スケジュールはしっかりと管理しておきましょう。

学費を使い込む

これはバイナリーに限らず、あらゆることで同じ事が言えるのですが、お金というのは自由に使って良いお金と、そうでないお金があります。そして、学費は後者の自由に使ってはいけないお金です。

いくら取り戻せる自信があるからといって、学費をバイナリーに注ぎ込むような真似だけは絶対に控えてください。

学費をバイナリーに注ぎ込むと、もしも失敗をすると、学費が足りず、最悪のケースとして大学を中退することも考えられます。

バイナリーは絶対に稼げるというものではありません。プロですら、連戦連勝はできず、負けることもあります。ましてや、初心者の大学生ならば、尚更安定して勝つことは難しいでしょう。

バイナリーを始める際には、必ず余剰資金を使ってください。学費や生活費、さらには借金などはせず、余ったお金をバイナリーにまわしましょう。

余剰資金でバイナリーをしている限り、お金に関して失敗することはまずないでしょう。

成功を過信して高額の取引に手を出す

バイナリーオプションはFXと違って、上がるのか、それとも下がるのかを予想するだけです。

経済や投資について詳しくない初心者で、投資経験が浅い大学生であっても、いざバイナリーを始めれば2分の1の確率で勝つことができるでしょう。

この時、負ければ何がいけなかったのか、反省の機会を得て、成長することができます。では勝った場合はどうなのでしょうか?

経験が少ない大学生の場合、いきなりバイナリーで勝利して稼ぐことができると、自分には才能があるのかもしれないと自信過剰になり、より高額の取引に手を出すようになることがあります。

怒る男性の画像

取引で勝利した後、一度取引を中断して冷静になれるのであれば良いのですが、バイナリーに限らず投資というのは勝つほど自分に酔いやすく、さらに危険な取引をしたくなるものです。

バイナリーを始めた当初は、勝つ自信がなく、少額の取引だったので、負けても大損することはありませんでした。しかし連勝し、自信が付いたので高額の取引をした結果、負けが続き、大損しました。初心者ほど、このような失敗に陥りやすいです。

バイナリーを実践する際には、自信過剰になってはいけません。今回勝てたのは、単純に運が良かったから、その程度の認識で十分です。

自分に才能があると思い込んでいる人ほど、いざ負けた時、危険な行動を取りやすいです。バイナリーを始める際には、才能は無いと思い込んだ上で取引に応じると良いでしょう。

感情的な取引で連敗

バイナリーオプションで利益を重ねるためには、利益を出すための計画や戦略、トレードルールが不可欠です。

その時の気分次第で上がるだろう、もしくは下がるだろうと感情的な取引をしている限り、勝つことは難しく、連敗しやすいです。

特に今まで一度も取引をしたことがない大学生ほど、感情的な取引をしやすく、結果的に損を出しやすいです。

計画性が無い限り、バイナリーオプションで儲けることは難しいでしょう。これからバイナリーを始めるつもりなら、そもそもどうやって利益を出すつもりなのか、トレードルールを作っておく必要があります。

大学生がバイナリーをする時の注意点

1000円から取引ができるなど、バイナリーオプションは投資の中でも非常にハードルが低い取引です。それでいて、勝つことが出来れば、短期間で高収入も期待できるだけに、楽して儲けたいと考えている人ほど魅了されやすいです。

しかし、バイナリーオプションとて、負ければ損失が発生します。連続で負け続ければ、やがては資産も大きく減るでしょう。

負けを取り戻そうと、さらに高額の取引をし、再び負けてさらに損失を増やす、このような負けの循環に入ってしまうと、もはやバイナリーオプションで稼ぐことは難しくなってしまいます。

バイナリーオプションにはメリットもあればデメリットもあるのです。これからバイナリーを始める予定がある大学生は、次の注意点をよく守った上で取引をしましょう。

儲かったら税金の申告は必須

バイナリーオプションを始めるにあたった覚えておきたい注意点の一つとして、まず税金があります。

バイナリーオプションは手数料無料で始められますが、利益が出ればその分だけ税金がかかるので気を付けてください。

大学生の場合、親から援助されている扶養者となるため、38万円までならば控除を受けられます。しかし、バイナリーオプションの利益が38万円を超えると、控除は無くなり、課税されます。

国内バイナリーオプションの税率は20.315%。海外のバイナリーオプションの場合は総合課税として扱われるので、所得金額が高くなるほど税率が上がります。

税金の画像

バイナリーオプションが上手く行き、利益が出たら必ず確定申告をしてください。申告すべき利益が出ているにも関わらず、確定申告を怠ると無申告加算税などのペナルティが発生します。

ペナルティが発生すると、本来納めるべき税金に加え、さらに多くの税金を課税されるので、バイナリーオプションで得られた利益の多くが失われます。

要するに、バイナリーオプションで高額の利益を得たら確定申告が必要になるので、設けた金額のすべてを使ってはいけないということです。

余剰資金をバイナリーにまわすこと

大学生には、学業という本分があります。これを疎かにしてまでバイナリーに勤しんではいけません。

大学生がバイナリーを始める際には、必ず無くても生活できる余剰資金を使いましょう。間違っても学費や生活費に手を付けてはいけません。当然ですが、借金も厳禁です。

いくら稼げる自信があるからといって、学費に手を出したり、借金をすると、いざ負けた時に取り返しのつかない事態を招く危険性があります。

大学生の本分はやはり学業です。バイナリーは余剰資金で行いましょう。同様に、取引をする際には学業に支障がないように、空き時間などを利用して行ってください。

プロのトレードルールを参考にすること

バイナリーオプションはビギナーズラックで稼げるようなものではありません。利益を出すためには、しっかりと根拠に基づいたトレードルールが不可欠です。

なんとなく上がりそう、もしくは下がりそうという無根拠な判断でトレードをしている限り、バイナリーオプションで利益を上げることはまず無理でしょう。

必ず根拠のあるトレードルールを確立した上で、バイナリーに挑戦してください。

トレードルールを学ぶ時は、実際に利益を上げているプロのやり方や、信頼できる情報を参考にしましょう。

身元がよくわからない人の方法論や、怪しい情報商材などは真に受けず、地道に勉強してトレードの方法を学ぶことが、バイナリーで勝つために必要なことです。

自分なりの勝てる出せる手法を確立することで、ようやくバイナリーで利益を出すためのスタートラインに立つことができるのです。

嘘や詐欺に引っかからないこと

バイナリーオプションは、成功すれば稼ぐことができます。プロの中には、バイナリーオプションで一般的な社会人以上の高収入を得ている人もいます。

しかし、バイナリーオプションの関係者の中には嘘を付く人や、詐欺を働く人もいますので注意してください。

詐欺の画像

中には役に立たない情報を高額で売り付けたり、詐欺に近いセミナーなどを開催する人もいます。

バイナリーオプションで勝つ方法を学ぼうとする姿勢は良いのですが、詐欺や嘘に引っかかってしまっては本末転倒です。

バイナリーオプションは確かに稼げますが、絶対に稼げるというものではありません。このやり方なら絶対に勝てるなど、怪しい勧誘文句を見かけたら、関わらないようにしましょう。

リスクの許容度を計算すること

バイナリーオプションは、確かに一度負けただけですぐに大損することはありません。よほど高額の取引をしない限り、数回の負けで全財産を失うことはないでしょう。

しかし、いくら少額の取引でも、負けが続けば損失が膨らみます。やがては大損することもあるでしょう。

バイナリーオプションは、最悪のケースとして資産をすべて失うリスクもあります。そうならないように、どこまでなら失っても良いのか、リスクの許容度を事前に計算しておきましょう。

資産が8割まで減ったら一度止めるなど、損失の上限を事前に設定しておけば、それ以上の損失を被らずに済みます。

ここまで損失が膨らんだら、一旦取引を停止して、バイトなどをして資金が貯まるまで待つなど、明確なリスク許容度を設定しておきましょう。

そうすることで大損のリスクを未然に防ぎ、資産をすべて失うという失敗を回避することができます。

大学生が使うべきバイナリー業者

世の中には様々なバイナリー業者があります。果たして大学生が初めて使うなら、どこがオススメになるのでしょうか?

どこの業者であろうともバイナリーができることに違いはありません。ただ、まだ初心者の大学生の場合、バイナリーの大手であるハイローオーストラリアがおすすめです。

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリアの評価
業者名ハイローオーストラリア
会社概要Realtime Capital Markets Pty. Ltd.
最低入金額5,000円以上
取引金額1,000~200,000円
口座開設無料/最短3分
倍率1.80~2倍

ハイローオーストラリアは世界でも有数の大手です。実績も豊富で、なにより知名度も高い業者なので、初心者であっても安心して利用できます。

ハイローオーストラリアは海外の業者ですが、日本語にも対応しているので、英語がわからなくても問題なくバイナリーができるでしょう。

ハイローオーストラリアの強みは、大手ならではの安心感だけではありません。

他にも、ペイアウト率が国内業者と比べて高くて稼ぎやすい、無料のデモができる、キャッシュバックなどの特典がある、などの強みがあります。

せっかくバイナリーを始めたところで、ペイアウト率が低いと大きな利益を得られません。その点、ペイアウト率が高いハイローオーストラリアならば、それこそ短期間で高収入を得ることもできるでしょう。

さらに、ハイローオーストラリアには無料で利用できるデモのサービスがあります。

バイナリーオプションはこれが初めてで、取引に不慣れという方でも、お金をかけることなく実際のトレードをデモ体験することができます。

デモで取引の様子を実際に体験することで、初心者にありがちな操作ミスなどの失敗を未然に防げるでしょう。

他にも、今ならハイローオーストラリアに口座を開設するだけで5000円の現金をキャッシュバックを受けることができます。

ノーリスクで取引を始めることができるので、このキャンペーンだけでも、ハイローオーストラリアの口座を開設する価値があるというものです。

まとめ

学業やサークルで忙しい大学生ほど、短期間で高収入を得られるバイナリーオプションは、非常に魅力的な取引に見えるでしょう。

取引に成功すれば、少額からでも大金を得られます。しかし、失敗すれば損が出ます。大損すれば、生活に支障を来すこともあるでしょう。

これからバイナリーを始める予定がある大学生は、今回説明した注意点などをよく守り、学業に支障が出ないように気を付けてバイナリーオプションを始めてくださいね。

バイナリーオプション初心者が稼ぐための初心者ガイド バイナリーオプションという投資方法を知っていますか? バイナリーオプションはバイナリーオプション初心者であっても、気軽に挑戦できる...