バイナリーオプション攻略

バイナリーオプションでフィボナッチリトレースメントを活用する方法

フィボナッチリトレースメントを活用してバイナリーオプションを攻略

記事要約
  • フィボナッチリトレースメントは転換点を見極めるチャート
  • トレンドが発生していることが前提条件
  • レンジ相場では効果を発揮しない
  • 他のチャートと併用すると効果増

バイナリーオプションで相場が反発するタイミングを予測できずに何度も損失を発生させていませんか。

一見、予測が難しいとされるバイナリーオプションのような投資でも理論や法則を適用させると勝率を引き上げることは可能です。

ここでは普段の生活の中でも目にすることの多いフィボナッチ数列を元にできたフィボナッチリトレースメントを活用したバイナリーオプションの攻略法を解説していきます。

Tanaka
Tanaka
フィボナッチ数列はひまわりの種の配列や松ぼっくり、オウムガイ、などの自然界だけでなくグーグルのロゴにも活用されている世界的に有名な数列です。

フィボナッチ数列とは

バイナリーオプションでも使われるフィボナッチ数列とは

フィボナッチリトレースメントの解説を行う前に「フィボナッチ数列とは」という疑問から解消していきます。

フィボナッチ数列はイタリアの数学者レオナルド・フィボナッチが算盤の書で記した数列となっています。

概要としては、直前の2項を合わせると次項の数となる性質を持つ数列のことです。

フィボナッチ数列

1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89・・・となる数列。

このフィボナッチ数列から導き出される「ある数値」がバイナリーオプション攻略に大いに貢献することになります。

フィボナッチ比率(黄金比率)

フィボナッチ比率は人間が好む比率

フィボナッチ比率とはフィボナッチ数列から導き出される比率のことで人間が自然と美しいと感じる比率と言われています。

そのため別名、黄金比率とも言われます。

相場は投資家心理を投影している側面がありますのでフィボナッチ比率を意識することでトレンドの予測が簡単になります。

フィボナッチ比率は前述したようにひまわりの種の配列や松ぼっくりなどからも見て取ることができるため自然界とも深い関わりがあると言えます。

主要なフィボナッチ比率と求め方
  • 「0.236」:3つ後の数で割る
  • 「0.382」:2つ後の数で割る
  • 「0.500」:数列の1番目(1)と数列の2番目(2)を割る
  • 「0.618」:1つ後の数で割る
  • 「0.764」:1から0.236を引く

このフィボナッチ比率を活用することでバイナリーオプションで相場のどのポイントで反発するかを予測することが容易になります。

フィボナッチリトレースメントとは

フィボナッチリトレースメントとは

トレンドが発生した場合、一直線に上昇したり下降したりするのではなく細かな上昇と下降を繰り返しながらトレンドを形成していきます。

その細かな値動きがどこまで行くのかを判別するものがフィボナッチリトレースメントです。

つまりフィボナッチリトレースメントで線引したラインが相場で反発が予測されるラインとなります。

また。フィボナッチリトレースメントで作成したラインは一度機能すると再度機能する可能性が高いとされています。

ただし、フィボナッチリトレースメントはトレンドが発生したときの天井と底を元に線引を行いますのでレンジ相場では効果を発揮しません。

バイナリーオプションでフィボナッチリトレースメントを導入する方法

バイナリーオプションでフィボナッチリトレースメントを利用する方法は簡単です。

ここではインストールなしで利用できるヤフーファイナンスの多機能チャートを利用したフィボナッチリトレースメントの活用方法を解説していきます。

フィボナッチ・リトレイスメントボタン

多機能チャートを開いたら画面右にある「フィボナッチ・リトレイスメント」というボタンをクリックします。

フィボナッチリトレースメント選択順序

次にトレンドの天井と底を選択するのですが上昇トレンドの場合、底から選択して次に天井を選択します。下降トレンドの場合は天井から選択して次に底を選択します。

フィボナッチリトレースメント

選択が終わると自動的に線引されますのでこれで準備は完了です。

フィボナッチリトレースメントによるエントリーサイン

フィボナッチリトレースメントはこのサインでエントリーしよう

フィボナッチリトレースメントはフィボナッチ比率によって反発しやすいポイントがあります。

つまり、そのポイントがバイナリーオプションにおけるエントリーのポイントとなりますのでサインを把握してエントリーをしてみましょう。

エントリーのサイン

エントリーをする際はトレンドから逆行する値動きを始めたところで反発して再び直前のトレンドへ移行するポイントを狙います。

トレンドから逆行を始めて「23.6%」「38.2%」「50.0%」のラインに達した場合

逆行前のトレンドが上昇トレンドなら「HIGH」

逆行前のトレンドが下降トレンドなら「LOW」

一般的には上記の比率で反発が起こりやすいと言われていますので上記の比率に達したときは積極的にエントリーをしてみましょう。

フィボナッチを活用した指標は他にもある

フィボナッチ数列やフィボナッチ比率を用いたその他のチャート

フィボナッチトレースメントはフィボナッチを活用したチャートの代表格なので焦点を当てて解説を行いましたがフィボナッチを活用したチャートは他にもあります。

ここでは参考までに種類と概要を記載しておきますので参考にしてみてください。

フィボナッチによるチャートの種類
フィボナッチエクスパンション

フィボナッチエクスパンションはトレンド発生時の押し目、戻り目の後にどれくらい相場が動くかをフィボナッチ比率を元に予測するためのチャートです。高値、安値、リトーレスメントを結んで表示します。

フィボナッチタイムゾーン

フィボナッチファンは一定期間の安値と高値にラインを引いて導き出され3本のライン(31.8%,50.0%,61.8%)で構成されこの線がレジスタンスラインやサポートラインとなる事が多くブレイクの目安として利用されるチャートです。

フィボナッチファン

フィボナッチファンは一定期間の安値と高値にラインを引いて導き出され3本のライン(31.8%,50.0%,61.8%)で構成されこの線がレジスタンスラインやサポートラインとなる事が多くブレイクの目安として利用されるチャートです。

フィボナッチアーク

フィボナッチアークは天井と底をラインで結び2つ目のポイントを中心に弧を描くチャートです。時間を分析の対象としているため相場の価格と時間の水準を押し目買いや戻り売りのポイントとするかどうかを確認するチャートとすることができます。

フィボナッチチャネル

フィボナッチチャネルは複数のトレンドラインから構成され間隔はフィボナッチ比率に基づいています。各チャネルをブレイクしたときどこまで相場が動くのかを確認するチャートです。

フィボナッチトレースメントの注意点

フィボナッチを上手く活用できるように注意点を把握しておこう

フィボナッチリトレースメントはレンジ相場ではなく上昇や下降のタイミングで効果を発揮するチャートです。

そのためトレンドが発生してから分析が始まります。そのため以下の注意点をよく確認しておきましょう。

トレンドの強弱や転換点が判断できない場合はエントリーしない

普通の人であればトレンドが発生したことを確認した時点でエントリーしてしまいたいと思いますが、フィボナッチを活用するためには静観しなければいけません。

進行中のトレンドを分析に活用し次回のトレンドで確実に勝てるようにするのがフィボナッチの強みです。

また分析をやっていない状態でエントリーをしてしまうとトレンドの強弱も判断できませんので結果的に危ない取引にもなってしまいます。

そのためフィボナッチリトレースメントを含むフィボナッチ系チャートの活用時は精神的な余裕が必要ということになります。

まとめ

フィボナッチリトレースメントは反発するであろうポイントに線引をして予測しますので初心者でもエントリーの参考にしやすいと言えます。

フィボナッチ数列やフィボナッチ比率の計算式まで覚える必要はありませんがフィボナッチ数列やフィボナッチ比率がどのような性質を持った数列や比率であるかは覚えておいても損することはありません。

また他のチャートと併用すると更に根拠の強いエントリーができますのでフィボナッチリトレースメントの活用になれたら積極的に他のチャートと併用していきましょう。