ハイローオーストラリア

【1分で分かる】ハイローオーストラリアのやり方を徹底解説

1分で分かるハイローオーストラリアのやり方徹底解説

記事要約
  • ハイローオーストラリアはスマホとパソコンで取引ができる
  • ハイローオーストラリアのやり方は簡単なボタン操作のみ
  • ハイローオーストラリアのやり方を確認するためにデモ取引を活用する
  • 取引の際はバイナリーオプションの知識を身に付けておく

ハイローオーストラリアのやり方がイマイチ分からないと悩んでいませんか。

ハイローオーストラリアは海外バイナリーオプションの中でも一番人気の業者となりますのでやり方も簡単にできるように設計されています。

ここではハイローオーストラリアをスマホやパソコンで取引するやり方を解説していきます。

Tanaka
Tanaka
ハイローオーストラリアのやり方に難しいことは一切ありませんし、デモ取引でやり方を確認する子もできるようになっていますので初心者の方でも全く心配いりません。

ハイローオーストラリアのやり方(スマホ)

1.公式サイトへアクセス

ハイローオーストラリアのやり方step1

まずは以下のリンクから公式サイトへアクセスしましょう。

公式サイトはコチラ

アクセスしたら左上のロゴをタップして「本口座開設手続きを中止する」をタップしてハイローオーストラリアのトップページへ移動します。

2.取引種類、対象銘柄、取引時間を選択

ハイローオーストラリアのやり方step2

  1. 取引種類:「HighLow」「HighLowスプレッド」「Turbo」「Turboスプレッド」
  2. 対象銘柄:通貨ペア(17)、仮想通貨(4)、 商品指数(3)、株価指数(10)
  3. 取引時間:30秒、1分、3分、5分、15分、1時間、23時間

ハイローオーストラリアではトップページへ移動したらそのまま取引することができます。

各項目は上記の種類から選択が可能です。

また取引種類の概要は以下のようになっています。

取引時間ペイアウト率
HighLow15分、1時間、23時間1.80倍~1.90倍
HighLowスプレッド15分、1時間、23時間2.00倍
Turbo30秒、1分、3分、5分1.85倍~2.00倍
Turboスプレッド30秒、1分、3分、5分2.00倍~2.20倍

2019年8月現在、ハイローオーストラリアはペイアウト率を引き上げるキャンペーンを行っていますので通常より最高で1.20倍ペイアウト率が上昇しています。

今後ペイアウト率は調整される可能性がありますのでご注意ください。

3.エントリーのやり方

ハイローオーストラリアのやり方step3

  1. 選択した対象銘柄
  2. 現在のレート
  3. 選択した取引時間
  4. 取引終了予定時刻
  5. 判定時刻に入るまでの残り時間

ハイローオーストラリアのやり方step4

  1. 相場の価格
  2. 時間
  3. 取引開始時刻
  4. エントリー終了時刻

ハイローオーストラリアのやり方step5

  1. 投資額(ここで投資額を入力)
  2. エントリーボタン
  3. 選択した取引種類、取引時間に応じたペイアウト率と投資額に応じたペイアウト額
  4. ワンクリック注文機能
エントリーのやり方
  1. 「投資額」の項目に投資額を入力※1000円以上の金額
  2. 「HIGH」か「LOW」のどちらか1つを選択して「今すぐ購入」ボタンをタップ

    基本的に上記のやり方で取引することができます。

    ワンクリック注文機能を利用する場合は更に簡単にエントリーすることができます。

    ハイローオーストラリアのやり方step6

    エントリーのやり方(ワンクリック注文)
    1. 「投資額」の項目に投資額を入力※1000円以上の金額
    2. 「HIGH」か「LOW」のどちらか1つをタップ

      ワンクリック注文を利用すれば「今すぐ購入」が消え「HIGH」と「LOW」の2つのボタンのみに絞られます。

      投資額さえ入力していれば後はどちらかのボタンを押すだけでエントリーできますので更に早くエントリーすることができます。

      ハイローオーストラリアのやり方における注意点

      ハイローオーストラリアで取引する際は誤操作等による余計な損失を防ぐために以下の3点に注意して取引しましょう。

      取引は1000円から

      ハイローオーストラリアの最低投資額は1000円に設定されています。この金額未満でエントリーしようとするとエラーメッセージが表示されエントリーを拒否されますので注意が必要です。

      1000円以上の金額であれば1円単位でエントリーすることができます。

      営業時間や取引時間を確認しておこう

      ハイローオーストラリアにはサポートが機能している営業時間と取引ができる取引時間があります。

      基本的に好きな時間に取引できると考えて問題ありませんがタイミングが悪ければ希望通りの時間に取引ができない可能性があります。

      そのような事にならないように営業時間と取引時間をよく確認しておきましょう。

      ハイローオーストラリアの営業時間

      ハイローオーストラリア営業時間

      ハイローオーストラリアの取引時間

      ハイローオーストラリア取引時間1
      ハイローオーストラリア取引時間2
      ハイローオーストラリア取引時間3

      ワンクリック注文を上手く利用する

      ハイローオーストラリアではワンクリックだけでエントリーすることができるワンクリック注文という機能があります。

      この機能を利用すればHIGHかLOWのボタンをクリックするだけで予め入力された投資額でエントリーできますのでタイミングが重要なバイナリーオプションでは大変便利です。

      ここで注意すべきなのはワンクリック注文を設定していることを忘れて思わぬタイミングでエントリーすることです。

      通常の注文とワンクリック注文はボタンのレイアウトが少々変わるだけなので取引に慣れてくると何も考えずにボタンをクリックしてしまう可能性があります。

      そうなてしまうと折角のチャンスを逃しかねません。

      ハイローオーストラリアのやり方を覚えるためにデモ取引を活用しよう

      ハイローオーストラリアのデモ取引を積極的に活用しよう

      ハイローオーストラリアでは無料で利用できるデモ取引があります。

      登録も不要なので誰でも気軽に使える機能として大変好評です。

      取引で必要となる機能はすべて利用できる上にエントリーする感覚を疑似体験することもできます。

      もちろん、取引結果も確認できますので損益の計算をすることも可能です。

      バイナリーオプションの予備知識を身に付けておこう

      ハイローオーストラリアで取引する前にバイナリーオプションの予備知識を身につけよう

      ハイローオーストラリアでの取引のやり方を解説してきましたが勝率の高い取引をするためにはある程度バイナリーオプションの知識を身に付けておく必要があります。

      少なくとも以下の単語を理解し見方等を理解しておくようにしましょう。

      ハイロー

      相場の価格が現在の価格より上がるか下がるかを予測する取引のことでありバイナリーオプションの最も基本的な取引がハイローです。

      トレーダーはHIGHかLOWの二択から選択するだけでエントリーすることができます。

      ペイアウト率

      払い戻し倍率のことです。この倍率が高ければ高いほど払い戻される(ペイアウト)金額が大きくなります。

      一般的には短時間の取引であればあるほど予測の難易度が上がりますのでペイアウト率も比例して高めに設定されています。

      ペイアウト率は1.70倍から2.00倍が一般的です。

      トレンド

      相場の価格傾向のことです。価格が右肩上がりに上昇していれば上昇トレンド、逆に下がっていれば下降トレンド、横ばいであればレンジトレンドとなります。

      一般的には将来的な上昇トレンドや下降トレンドを予測してエントリーすることになります。

      テクニカル分析

      過去のトレンドから将来的なトレンドを予測する分析のことで様々なチャートと言われる指標を駆使して分析を行います。

      バイナリーオプション攻略の最も基本的な考え方で稼ぐトレーダーであれば必ず取り入れている分析手法と言えます。

      ローソク足

      テクニカル分析のうち最も代表的なチャートで四本値(安値、高値、始値、終値)から構成されます。

      日本人が考案したチャートであり世界的に利用されているチャートです。

      まとめ

      ハイローオーストラリアのやり方を解説してきましたが全く難しい操作はなかったと思います。

      スマホで簡単に投資ができる時代ですのでハイローオーストラリアでもスマホで取引するトレーダーが非常に多いのが現状です。

      ただし、スマホのスペックはパソコンに劣るため回線速度の問題やスペックの問題などスマホ特有の問題が懸念されますので管理人としては外出先等のやむを得ない場合を除けば基本的にパソコンでの取引をおすすめします。