バイナリーオプション攻略

一目均衡表の雲を活用してバイナリーオプションを攻略する方法

雲を活用したバイナリーオプション攻略

この記事で分かること
  • 一目均衡表や雲の概要が分かる
  • 一目均衡表や雲の活用方法が分かる
  • バイナリーオプションで一目均衡表や雲を活用する方法が分かる
  • 一目均衡表や雲の問題点を把握できる
  • 雲と併用すべき指標が確認できる

バイナリーオプションではトレンドの強さや反発するポイントをどれだけ正確に予測できるかがバイナリーオプションの攻略で重要となります。

一目均衡表は世界的に有名な純国産のテクニカル指標であり、中でも「雲」と言われる指標の特徴からトレンドを予測すると他の指標と比べて高い勝率を出すことができます。

ここでは一目均衡表と雲に関する概要と活用方法を解説していきます。

Tanaka
Tanaka
一目均衡表の雲はチャートの中でも分かりやすく相場に特徴が表れます。雲とローソク足の関係を理解すれば初心者でもすぐに活用できるようになるのが一目均衡表の雲の特徴と言えます。

一目均衡表とは

一目均衡表構成

1936年に細田悟一が発表したテクニカル指標です。売り手と買い手のパワーバランス(均衡)を見てパワーバランスが崩れてトレンドの方向性が確立したらそのトレンドがしばらく続くためトレンドが一目瞭然という考え方になります。

一目均衡表は「基準線」「転換線」「先行スパン1」「先行スパン2」「遅行スパン」の五つの線から形成されています。

基準線

任意の期間(一般的に26日)における最安値と最高値の中心値を結んだ線のことで中期的なトレンドを示しています。

過去26日間の最安値が100円、最高値が110であれば中心値は105円となります。

上向きで上昇トレンド、下向きで下降トレンドとなります。

転換線

任意の期間(一般的に9日)における最安値と最高値の中心値を結んだ線のことで短期的なトレンドを示しています。

基準線より上にあればHIGH、下にあればLOWでエントリーするタイミングです。

先行スパン1

基準線よ転換線の中心を26日先に描画します。

雲を構成する線の1つです。

先行スパン2

過去52日間の最安値と最高値の中心値を26日先に描画します。

先行スパン1と共に雲を構成する線の1つです。

遅行スパン

当日の終値を26日前に描画した線。遅行線とも言われます。

一目均衡表の雲とは

先行スパン1と先行スパン2から構成される雲

先行スパン1と先行スパン2で挟まれた領域を「雲」と言います。

雲は性質上、ローソク足より先に描画されますので予めトレンドの強弱をある程度予測できるのが雲の特徴の1つです。

また雲とローソク足を合わせれば相場の特徴を知ることができます。

具体的には以下のような特徴があります。

雲から分かる相場の特徴
  • 雲が厚ければローソク足が反発しやすい
  • 雲が薄くローソク足が突き抜ければトレンドが継続しやすい
  • ローソク足が雲の上で推移していれば上昇トレンド
  • ローソク足が雲の下で推移していれば下降トレンド

バイナリーオプションで雲を活用する方法

バイナリーオプションで雲を活用する方法

雲を活用する場合、バイナリーオプションだからといって変わった取引をする必要はありません。

ここでは画像を交えながらどのようなタイミングでHIGH、LOWのどちらでエントリーするべきか解説していきます。

バイナリーオプションでは短期取引が多いためローソク足も1分足や5分足をりようして解説しています。

雲の厚さを利用する場合

反発によるエントリーポイント

それでは上画像の場合、どのタイミングでエントリーするのが最適なのか解説していきます。

形成されている雲は厚くなっていますのでローソク足が反発する可能性が高くなっています。

上画像の場合ローソク足がぶ厚い雲に接触して何度も反発しているのがわかります。このポイントを狙う場合バイナリーオプションでは30秒取引が最適な取引と言えます。

ローソク足は1分足ですのでレンジ相場でも雲で反発する部分を読み取れれば勝つことはできます。

具体的には赤丸のタイミングでLOWにエントリーしましょう。

雲の突き抜けを利用する場合

雲抜けエントリーポイント

上画像の場合11:38のローソク足が薄い雲を上に突き抜けているのがわかります。

これは上昇トレンドが継続する典型的な例となります。

そのためローソク足が雲をつく抜けたタイミングでHIGHにエントリーしましょう。

上画像の場合、ローソク足は1分足になるのでバイナリーオプションで取引する場合、3分から5分で取引するのが最適です。

雲の下で推移する場合

雲推移エントリーポイント

上画像の場合ローソク足が雲の下で推移していますので下降トレンドであることがわかります。

つまり、ローソク足が雲の下を推移しているのを確認できた時点で5分から15分程度の短・中期的な取引時間でLOWにエントリーしましょう。

動画で見る一目均衡表の雲

文章や画像の解説だけでは分かりづらいという方は以下の動画を参考に一目均衡表や雲に関する理解を深めていきましょう。

かゆいところに手が届くような動画となっていますのでとても参考になります。

一目均衡表や雲を利用する際の問題点

一目均衡表の雲問題点は?

一目均衡表や雲を活用するとトレンドの反発するポイントや強弱を判断することができるため根拠の強いエントリーが可能になりますが問題点もあります。

ここでは大きく2つの問題点を紹介します。

各項目の内容を確認して対策を講じましょう。

線が複雑で分析しづらい

前述したとおり一目均衡表は5つの線から構成される指標です。そのためチャート上にすべての線を表示させると他の線と混同して考えてしまう可能性があります。

そのため一目均衡表に慣れない内は分析が難しく感じると思いますので表示させる線を限定して捉える特徴を絞って取引するのが得策と言えます。

エントリーが遅れる可能性がある

雲を利用していて上げ渋ったり下げ渋ったりするとエントリーに迷ってしまう可能性があるためエントリーが遅れる可能性があります。

このような問題を回避するために他のチャートを併用してトレンドの強弱を判断するのが良いでしょう。

一目均衡表の雲と相性のいい指標

雲と相性のいいテクニカル指標

一目均衡表の雲は単体でも十分に機能しますがより強い根拠を持ってエントリーをする場合はここで紹介するような指標を併用すると更にバイナリーオプションを攻略しやすくなります。

MACD

MACD

MACDはMACDという線とシグナルと呼ばれる2本の線で相場の判断を行います。

主にMACDがシグナルを上抜けする「ゴールデンクロス」や逆にMACDがシグナルを下抜けする「デッドクロス」に合わせてエントリーを行うのが一般的です。

雲と併用する場合、予めMACDでゴールデンクロスやデッドクロスのタイミングにエントリーするポイントを絞ります。

次に雲の特徴を捉えてエントリーしていきましょう。

また雲と併用することで指標の誤動作とも言える「騙し」を回避する事ができるためより確かな根拠を持ってエントリーすることができます。

RSI

RSI

RSIは値上がり幅と値下がり幅を利用して相場の売られすぎや買われすぎを判断する指標です。

RSIが70から80で買われすぎ、20から25で売られすぎと判断します。

雲と併用する場合はローソク足が雲の上を推移している(上昇トレンド)状態でRSIが70以上の場合にHIGHでエントリーします。

逆にローソク足が下を推移している場合(下降トレンド)、RSIが25以下でLOWでエントリーします。

まとめ

一目均衡表の雲は5本の線で構成されていますので最初の内は特徴を絞って取引するのが効果的に取引を行うポイントとなります。

前述したように雲によるエントリーの判断が難しいと感じる場合はMACDなどの指標と併用することで問題点を解決することができます。

一目均衡表や雲を上手く活用して効率的に稼げるようにしていきましょう。