バイナリーオプション攻略

モンテカルロはバイナリーオプションで有効な攻略となるのか

モンテカルロ法はバイナリーオプションで有効な攻略法となるのか

記事要約
  • モンテカルロ法は負け越しても利益が手に入る攻略法
  • モンテカルロ法は資金力のあるトレーダー向けの攻略法
  • バイナリーオプションでは有効な攻略法とは言えない

バイナリーオプションでモンテカルロ法の利用を検討していませんか。

モンテカルロ法はバイナリーオプションのような投資でよく利用される攻略法です。

しかし、決してすべてのトレーダーにおすすめできる攻略法とは言い切れません。

ここではモンテカルロ法の概要から問題点まで解説していきます。

Tanaka
Tanaka
モンテカルロ法はテクニカル分析による攻略とは違い法則に則って取引することで攻略できる方法です。

モンテカルロ法とは

負け越しても利益が得られるモンテカルロ法とは

モンテカルロ法は乱数を用いた数値計算手法の一種ですがバイナリーオプションなどの投資におけるモンテカルロ法の解釈は異なります。

バイナリーオプションなどの投資におけるモンテカルロ法とは数列から導き出される数と勝敗によって投資額を計算し利益を獲得するための手法を指します。

モンテカルロ法のルール

モンテカルロ法は数列と勝敗から投資額を決定する

モンテカルロ法のルールは以下のようになります。

  1. 最初に3つの整数から成る数列をつくる
  2. 両端の数を合わせ、投資額とする
  3. 負けたら和を数列に追加する
  4. 勝てば両端の数を消す
  5. 数列が「0」になるか「1つ」になったら終了

最初に3つの整数から成る数列をつくる

モンテカルロ法ステップ1

まずは好きな整数を3つ考えて数列を作ります。

これが投資額を設定する数のもととなります。

一般的に「1,2,3」の数列が利用されますのでここでもわかりやすくするために「1,2,3」の数列を作って解説していきます。

両端の数を合わせ、投資額とする

モンテカルロ法ステップ2

次に両端の数を足し算して投資額となる数をつくります。

今回の数列では「1+3=4」となりますので投資額は「4」に単位を掛けた数が投資額となります。

単位はトレーダー自身で設定しましょう。

仮に1000円単位とするならば投資額は「4×1000=4000」となり4000円が投資額となります。

負けたら和を数列に追加する

モンテカルロ法ステップ3

この手順は負けたときのみ行う手順なので取引に勝った場合は飛ばしましょう。

もし取引に負けた場合は先程、計算した和を新しく数列に加えます。

そうしたら、2番目の手順に戻って再度投資額を設定しましょう。

勝てば両端の数字を消す

モンテカルロ法ステップ4

この手順は勝ったときのみ行う手順なので取引に負けた場合は1つ前に手順に戻りましょう。

もし取引に勝ったら両端の数を消しましょう。

両端の数を消して数が2つ以上残っているなら2つ目の手順に戻って再度投資額を設定しましょう。

数列が「0」になるか「1つ」になったら終了

モンテカルロ法ステップ5

残った数が「0」か「1つ」だけであればモンテカルロ法による取引は終了です。

あとは勝率や損益を計算してみましょう。

ペイアウト率が2.00倍以上で取引をすれば負け越したとしても利益を獲得することができます。

モンテカルロ法を実践

モンテカルロ法をバイナリーオプションで実践

モンテカルロ法をバイナリーオプションで行うとどうなるのか実践していきましょう。

以下の表はペイアウト率2.00倍、30秒の取引でモンテカルロ法を実践した際の取引結果です。

取引回数数列投資額取引結果損益
1回目1,2,34000負け-4000
2回目1,2,3,45000勝ち+1000
3回目2,35000負け-4000
4回目2,3,57000負け-11000
5回目2,3,5,79000負け-20000
6回目2,3,5,7,911000勝ち-9000
7回目3,5,710000負け-19000
8回目3,5,7,1013000負け-32000
9回目3,5,7,10,1316000負け-48000
10回目3,5,7,10,13,1619000勝ち-29000
11回目5,7,10,1318000勝ち-11000
12回目7,1017000勝ち+6000
終了+6000

今回の成績は12戦5勝7敗で勝率は約41%となりました。

この勝率は同額の投資額で取引していれば確実に損失となっている勝率ですがモンテカルロ法を活用すると6000円の利益にすることができました。

このように本来であれば損失になるような勝率でもモンテカルロ法を利用すると利益にすることができるというのがモンテカルロ法の強みとなります。

今回は12回の取引で終わりましたが初回で勝てば1回の取引で終わりますし、損失が続けばそれだけ取引回数も増えていきます。

また、モンテカルロ法はペイアウト率が2.00倍以上でなければ利益を出しづらくなってしまうことに注意しましょう。

モンテカルロ法はバイナリーオプションで有効なのか

モンテカルロ法は本当に有効な攻略法なのか

モンテカルロ法は主にカジノで用いられてきた攻略法ですが、やり方を前述したようにバイナリーオプションでも利用されている攻略法でもあります。

しかし、その有用性には否定的な意見が多く「資金が少なく楽して稼ぎたいトレーダーがハマりやすい手法」であると言えます。

なぜなら、モンテカルロ法のやり方はシンプルである上に投資額の単位を少なく設定していればある程度取引することができるからです。

つまり、敷居の低さはトレーダーが調整することができるので始めるのは簡単ですが、いざ取引が始まって損失が発生すると数列が長くなるばかりでなかなか取引が終わらず損失だけが膨らむといった状態になるのです。

また損失が長続きしてしまうと不安になってそこで取引を中断してしまう可能性もあります。そのためメンタルを鍛えていないと利益に転換することが期待できても損失だけが残る自体になることは十分に考えられます。

以上のことからモンテカルロ法はバイナリーオプションでは基本的に有効な攻略法とは言えないと結論づけることができます。

モンテカルロ法とマーチンゲール法の違い

モンカルロ法とマーチンゲール法はどう違うのか

モンテカルロ法と近い攻略法としてマーチンゲール法があります。

しかしマーチンゲール法はモンテカルロ法と違い負けたら投資額を倍にしていく仕組みになっています。

そのためマーチンゲール法はモンテカルロ法と比べ投資額の膨らみが大きくなります。

一度の取引ですべての損失を取り返すため資金さえあれば理論上負けない手法ですが大抵のトレーダーが大損している現状がありますので、とてもおすすめできる手法とは言えません。

モンテカルロ法もおすすめはできませんが、モンテカルロ法に近いマーチンゲール法も同様におすすめできないと言えます。

バイナリーオプションは裁量トレードが最も効果的な攻略法

楽して稼ごうの考えは禁物裁量トレードで手堅く攻略しよう

モンテカルロ法は勝敗から投資額を設定していきますのでチャートの分析を行う必要はありません。

これは初心者からすれば魅力的な言葉ですがバイナリーオプションは分析を行わなくても勝ち続けられるほど甘くはありません。

つまり、裁量トレードに優るほど長期的に効果のある攻略法は無いと言えます。

裁量トレードはテクニカル分析やファンダメンタルズ分析を駆使した王道の攻略法です。

楽して稼ごうとする場合はどうしてもギャンブルで用いられている手法に流れがちですがそれが大損する前兆であることに気付けるかどうかが重要です。

まとめ

モンテカルロ法はバイナリーオプションのような投資でも利用されていますが、それは楽して稼ぎたいトレーダーが多いことを意味していると行っても過言ではありません。

そのためバイナリーオプションの攻略法としてモンテカルロ法を活用するのは非常にリスキーなことであることが理解していただけたと思います。

バイナリーオプションで長期的かつ安定的に稼ぐためにはテクニカル分析やファンダメンタルズ分析を活用した裁量トレードが一番です。